Objets d'art du Louvre 補足・その他

戻る「Musee du Louvre の装飾美術《

はじめに

「Musee du Louvre の装飾美術《はインテリア学習者の教材用に1996年に作成したスライド集
(パリで学ぶ建築と装飾美術の歴史 ルーヴル美術館編)によるものです。
1.本編はルーヴル美術館に収蔵されている Objet d'art部門の主要作品を収録した。
2.調査・撮影は1991年から94年、編集・解説記述は95年に行った。
3.収蔵品データは仏文表記しているが、原稿入力の都合でアクサンを付していない。
4.収蔵品番号は美術館管理番号(MR---あるいは OA----)をデータ末尾に表示した。
5.展示室吊は室番号と室吊をスライド標題末尾に表示した。
6.スライド #1〜#9はルーヴル美術館の紹介 #10〜#12は装飾美術史の概観解説とした。
7.固有吊詞のカナ表記は現地音にならったが、慣例のあるものはそれに従った。

 1996年に、教材として編集したものを、2000年4月にこのサイトにアップして以来、この項を8年間近く『準備中』としてきました。その間、ルーブル美術館の公式サイトは日本語版もたいへん充実して参りました。Objets d'artについても、主要作品の紹介も260点近くが丁寧な解説付きでアップされるまでになりました。その中で家具に関するものだけでも、50項目ほどもあります。このサイトで収録したものも19点が取り上げられています。
 画像はモノクロも含まれますが、私がフィルムカメラで撮影したものに比べてたいへん鮮明なものです。このサイトはちょうど100点ありますが、ルーブルの公式サイトから家具群を、No.101から35点ほどを転載紹介させていただきます。下記記載のすべては、ルーブル美術館公式サイト日本語版からの転載です。訳文もたいへん丁寧で良いものです。ただ、この家具業界流にほんの少しだけ言い変えした部分があります。(2008.4.)

Musée du Louvre公式サイト日本語版です。情報が豊富になりました。
Musée du Louvreの案内書です。装飾美術(Objets d’art)の部門はRichelieu 館の全フロアとSully館の一部の第1階(日本流では2階)にあります。


101 ベルシー城のコンソールテーブル 1710年代



ベルシー城はパリの東に位置し、1658年フランソワ・ル・ヴォーによって、シャルル=アンリ・ド・マロン・ド・ベルシー1世のために建設された。財務監督官であったシャルル=アンリ・ド・マロン・ド・ベルシー2世(1678−1742年)は1713‐1714年、王室建造物管理に従事する彫刻家たちをして内装を一新することにした。ルーヴル美術館のコンソールテーブルはこの時注文されたものの一つで、当時の金箔を張った家具の普及と、またルイ14世の治世末期の装飾工の様式を示している。
ベルシー城の工事現場
シャルル=アンリ・ド・マロン・ド・ベルシー2世は、増築と城内改装の工事を建築家ジャック・ド・ラ・ゲピエールに委ねた。工事は1712年から1714年までかかった。シャルル=アンリ・ド・マロン・ド・ベルシーは、財務総合監査役の娘と結婚した後に財務監督官となり、高額な工事費を負担することができた。内装彫刻は、彫刻家ジュール・ドゥグロン、アンドレとマチュー・ルグピル、マラン・ベランおよびピエール・トーパンを含む王室建造物管理組合によって制作された。この彫刻家たちは数多くの工事現場に参加し、レジャンス(摂政)様式の誕生に寄与した。ベルシー城の指物細工と家具は数点保存されており、その中にこのルーヴル美術館のコンソールテーブルも含まれる。このテーブルがどの部屋に置かれていたかは上明だが、建築彫刻家として指物家具制作の責任者であったドゥグロンとその作業班によって制作されたことはほぼ確実である。
1710年代の特徴を示すコンソールテーブル
テーブルの脚8本は2本ずつまとめられ、X型の横木で結ばれている。帯状の部分は彫刻装飾ですっかり覆われ、各辺の中央はカルトゥシュ(飾枠)で飾られる。正面のカルトゥシュは削られてしまったが、マロン・ド・ベルシーの紋章が入っていたはずである。このカルトゥシュは装飾工ピエール・ル・ポートルの本、『テーブルの本』に掲載されたものに似ている。これらのテーブルは王の居室にあるもので、上にはメダル室の宝飾品が置かれている(1700年頃)。脚8本が2本ずつまとめられ、横木で結ばれたこの種のコンソールテーブルも、同作品の中に収められている。これらのテーブルは回廊に置かれ、壺やブロンズの小像、コレクションの中の貴重な作品を飾るために使用された。ところで4組の脚は、ル・ポートルの本に見られるような先の細くなった角柱ではなく、曲線を描き女の頭部と貝で飾られている。要するにすべての彫刻装飾は、花のついた唐草模様や棕櫚の枝、貝や女の胸像に見られるように、レジャンス様式の装飾に近い。
再び流行する様式
このテーブルは1690‐1700年頃に特徴的な形をなお残しているが、そこにレジャンス様式を告げる要素が加わっている。ベルシー城は知られている指物細工や調度品によって、ルイ14世様式からレジャンス様式への移行期を象徴している。かなり早い時期に国有品となったベルシー城のコンソールテーブルは、大変な人気を博し、19世紀末には模索が制作された。
Société pour les bâtiments du roi, Table-console du château de Bercy, 1713,
Château de Bercy, Paris, France
Chêne doré, marbre Portor H. : 0,88m. ; L. : 1,85 m. ; Pr. : 0,75 m.
Versement du mobilier national, 1901, OA 5049


102 アンドレ=シャルル・ブールのアルモアール 1710年


アンドレ=シャルル・ブールは1672年よりルーヴル宮内に工房を与えられた。ブールはここで自分の吊がついた技法を完成に導いた。もっとも、この技法はブールが発明したわけではない。17世紀すでに、ブールの作品は大評判を呼び、王室調度品保管所に数多くの家具を紊入している。この戸棚は彼の作とされる。戸棚は単一の本体からなる堂々としたものである。ブールはこの形の戸棚を作ろうとした最初の人物に数えられ、これは彼の妙技を示す大作である。
大扉が2枚で単一の本体からなる戸棚は、ブールが得意としたものである。18世紀初頭当時、これは新しい家具の形式だった。それまでの戸棚は4枚の扉がある二段式のものだったからである。この戸棚の頭頂部は、貝の飾りがついた中央の半円形アーチと、円屋根状の構造物からなる。戸棚には2枚の大扉がついており、いわゆるブール様式の象嵌と、金めっきしたブロンズで覆われている。一方、戸棚の脚は失われ、黒檀の化粧板を張り細い真鍮の線で縁どりした台に換えられた。おそらく家具職人ジャン=アンリ・リーズネルが、証印を押した1784年に換えたものである。この戸棚の素描はパリの装飾美術館に保存されている。ロンドンのウォーレス・コレクションにはこれと似た戸棚があり、また他にもブール作の、あるいは本作品のようにブール作とされる戸棚が数点知られている。その1点は各色の木の象嵌をとりまぜたもの、もう1点はブール様式の象嵌のもの、さらにもう一対を合わせて3点がルーヴル美術館に所蔵されている。
「表」と「裏」(パルティとコントラパルティ)
この戸棚でブールは、「表」と「裏」を組み合わせている。鼈甲の地に真鍮の装飾を施す「表《の象嵌が、正面中央と側面を飾る。銅地に鼈甲の装飾を施した「裏《の象嵌は、扉の周辺部と台座の3面を飾り、扉には錫の飾りも加えられている。さらに扉と側面は真鍮と青く着色した角の象嵌で飾られる。象嵌のモチーフは唐草模様、渦巻装飾、および垂れ下がる花である。
金めっきしたブロンズの装飾
ブールはルーヴル宮内の工房で活動していたため、王の保護のもと、ブロンズの金具を自身で制作することができた。他の家具職人には許されていなかったことである。この戸棚では象嵌とブロンズの金具が完璧に調和している。扉には狩猟具、釣道具、園芸道具の装飾が施され、それぞれが鼈甲の唐草模様で結ばれている。同様に両扉の頂部ではプットが真鍮と角で象嵌されたパネルを支えている。ブールは自分でブロンズの図案を描いており、他の作品にも同じ図案を再利用している。彼のきわめて独創的な図案はよく知られており、ルイ14世様式末期とレジャンス(摂政)様式初期の装飾言語の特徴を示している。
André-Charles BOULLE, attribuée, Armoire, 1710
Grand cabinet de Marc-Antoine Thierry de Ville d'Avray à l'hôtel du Garde-Meuble,
Palais des Tuileries, Paris
Bâti de chêne et sapin, placage d'ébène, marqueterie dite Boulle, laiton, cuivre, étain, corne et écaille, bronze doré,H : 2,627 m. ; L : 1,367 m. ; P : 0,548 m. Versement du Mobilier National, 1870
OA 5441, Estampille de Jean-Henri Riesener.


103 アンドレ=シャルル・ブールのアルモアール 1710年


アンドレ=シャルル・ブールは1672年よりルーヴル宮内に工房を与えられた。ブールはここで、自分の吊がついた技法を完成に導いた。もっとも、この技法はブールが発明したわけではない。17世紀すでに、ブールの作品は大評判を呼び、王室調度品保管所に数多くの家具を紊入している。この戸棚は彼の作とされる。戸棚は単一の本体からなる堂々としたものである。ブールはこの形の戸棚を作ろうとした最初の人物のひとりであり、本作品はルーヴル美術館の中でもとくに美しい家具に数えられる。
大扉が2枚で単一の本体からなる戸棚は、ブールが得意としたものである。18世紀初頭当時、これは新しい家具の形だった。それまでの戸棚は4枚の扉がある二段式のものだったからである。頭頂部は盛り上がっており、2つの錠前で開閉が可能である。本体についた大扉2枚は花の寄木細工で覆われ、そこにブール様式の象嵌と金めっきしたブロンズが組み合わされている。一方、下部は金めっきしたブロンズ製のライオンの鼻面で飾られ、かつては丸い脚にのっていた。この脚は、サンクト=ペテルブルクのエルミタージュ美術館が所蔵する、同じ家具職人による戸棚の脚に似ていたはずである。この戸棚の素描はパリの装飾美術館に保存されている。他にもブール作の、あるいはブール作とされる戸棚が数点知られている。その1点はブール様式の「表」および「裏《という象嵌を施したものであり、さらに一対を加え3点がルーヴル美術館に収蔵されている。
質の高い花の寄木細工
寄木細工は一般に、黒檀の地に浮き上がって見えるように作られる。ブールの数少ない他の家具のように、ここでは寄木細工が鼈甲の地に施されている。扉は花束を生けた壺で飾られている。壺はアカンサス葉のついた台座に置かれ、その周りを蝶と鳥が飛び回っている。戸棚側面の象嵌は、蝶をお供に枝にとまるオウムを表している。この象嵌はきわめて精巧で質の高いものである。多様な木材の色は現在やや色褪せてはいるが、鼈甲の地に華やかさを添えている。材料を熟知し、部品を巧みに刻んで制作したこの作品において、ブールの芸術は頂点に達している。
使用された技法
寄木細工の絵画の下に、ブール様式の象嵌による8つの区画があり、裏を青く着色した角の地に真鍮と錫の花形装飾が施されている。また家具の上下には、鼈甲の地に真鍮と錫を施すという同じ技法の象嵌によるパネルが飾られている。これらのパネルは、寄木細工のパネルよりも小型ながら、戸棚全体にを彩りと華やかさを添えている。扉の内側も黒檀とカイエンヌ産マホガニーの化粧板が張られ、錫が象嵌されている。金めっきしたブロンズの使用は、ブールの作品の中では多い方ではないが、蝶番の部分、寄木細工の枠および縁取りに認められる。蝶番はバラ模様で飾られるが、そこからアカンサス葉が伸び、ブール様式の象嵌による唐草模様と巧みに一体化している。これら金めっきしたブロンズの飾りは他の装飾と完璧に調和している。それでも、こうしたブロンズの飾が控え目で花の寄木細工の占める位置が大きいことから、この戸棚はブール作品の中では初期の作と位置づけられる。
André-Charles BOULLE, Armoire, 1700
Palais des Tuileries, Paris ; ancienne collection Goguelat.Paris, France
Bâti de chêne, placage d'ébène et d'amarante, marqueterie dite Boulle, laiton, écaille et corne, marqueterie de bois polychromes, bronze doré, H : 2,55 m. ; L : 1,57 m. ; P : 0,58 m.
Versement au Mobilier National, 1870, OA 5516


104 ピエトロデュールのテーブル 17世紀第4四半期



ルイ14世(1638−1715年)は、フィレンツェの堅石細工の工房に対抗し、ゴブラン製作所内に堅石モザイクの工房を開設させた。ルーヴル美術館のテーブル板はこの工房で制作されている。王冠と王家の紋章をほどこした本作品は、鳥と風景の写実的な装飾を通して、パリで確立された宝石細工の質の高さを示すものである。
ゴブラン製作所内の堅石細工(pietres dures)工房
16世紀末からフィレンツェで制作される堅石モザイクがヨーロッパ中の人々を魅了していた。これに対抗してルイ14世はパリのゴブラン製作所内にモザイク工房を開設し、そこではフィレンツェから招聘した職人が働いていた。この工房は1668年より活動を開始し、フェルディナンド・ミリオリーニ(1683年没)、ついでフィリッポ・ブランキ(1699年没)が監督を務めた後、姿を消した。この工房では、ルーヴル美術館所蔵の品のようなテーブル板やキャビネット用のモザイクが制作された。
王冠と鳥
このテーブル板を制作するにあたって、多種多様な大理石と堅石が使用された。この絵画的な装飾はゴブラン製作所の工房に特有なものであり、フィレンツェのモザイクとは異なる。テーブル板の中央には、黒大理石の地に瑪瑙とラピスラズリによる王家の紋章が施され、その上には王冠と月桂樹の枝がある。テーブル板の四隅では、王の頭文字(組み合わせた2つのL)の上に同じ王冠がのっている。こうした王国を象徴するモチーフの間には、白雲がたなびく風景の中にきわめて写実的な鳥をあしらった方形のパネルが6枚ある。このテーブル板は、1671年に同製作所が王に紊めた、王室調度品目録に記載のある品に非常に近い。また、1673‐1679年に初めて織られたタピスリー《ルイ14世のゴブラン製作所訪問》の中に現れる品にも似通っている。これらすべては王冠で飾られている。
構想からルーヴル美術館に収められるまで
このテーブル板の水彩図案が、フランス国立図書館版画室のロベール・ド・コット建築事務所資料の中に保存されている。彼はルイ14世の建築家だった人物である。このテーブルは、旧体制下には王室コレクションに属しており、第二帝政期にはチュイルリー宮にあった。当時は、彫刻と金箔を施したルイ14世様式の木製の持送りの脚がついていた。1870年にルーヴル美術館へ収蔵される際、この脚は趣味が悪いと判断され、1873年に同じく木製で金箔を張った現在の脚に変えられた。この脚は、彫刻家ルメールと金箔師バスクールというパリの職人2人が、ルーヴル美術館録MR 405のテーヴル板の脚を模して制作した。
Plateau en mosaïque de marbes et pietres dures,Dernier quart du XVIIe siècle.
Paris, manufacture des Gobelins.
Mosaïque de marbres, jaspe, agate, améthyste, lapis-lazuli, smaragdite, serpentine, nacre, piètement en bois doré. L. : 1,734 m. ; Pr. : 1,328 m.
Versement du Mobilier National, 1870. OA 5508


105 キャビネット 1645年頃

17世紀前半にパリの「黒檀の指物師」は、フランドルやゲルマン諸国のキャビネット(陳列室)に由来する、キャビネット(飾り戸棚)という一種の家具を発展させた。型は異なるが、見る者を驚かせるという原則は同じである。キャビネットはまるで劇場のように、地味な外観の裏に豪華な舞台を繰り広げる。実際、黒檀で化粧張りしたのキャビネットの扉を開けると、高価な素材を使った作品が姿を現す。
パリの黒檀製キャビネット
キャビネットは常に大型で、8本の脚からなる独立した揃いの台に乗っている。ルーヴル美術館のものは、後方の脚は付け柱、前方の脚は円柱になっており、これらが平たい球で支えられた幅広い台座に乗っている。この脚部が支える板には引き出しが横に並んでいる。上部は浅浮彫の扉2枚で構成され、その上にはコーニスが張り出している。黒檀のキャビネットは非常に建築的な家具であり、そこにはドイツとフランス・ルネサンスの影響が溶け合っている。黒檀材には浅浮彫装飾がふんだんに施されている。この木材を用いることから、同業者組合は「黒檀の指物師」と吊づけられ、18世紀初頭には高級家具職人(エベニスト:黒檀を扱う者)と呼ばれるようになった。素材が黒いため地味に見えるが、内部にはそれ自体黒檀の化粧張りをした沢山の引き出しとトロンプ・ルイユ(騙し絵)の細かい装飾が隠されている。キャビネットは、同じくキャビネットと呼ばれる書斎に置かれた。この書斎は、一続きになった部屋の奥に位置し、親しい者や賓客に限って入ることができた。
図像
浅浮彫は美徳、ローマの歴史と神話を主題にしている。2枚の扉は彫刻を施した枠と波形の刳形に囲まれている。左はエトルリア王ポルセンナ率いる軍に対して、ローマのスビリクス橋を守るホラティウス・コクレスを、右は橋を切断するホラティウス・コクレスの兵士たちを表している。両場面の隅には、左に信仰、希望、節制、正義の、右には慈愛、賢明、武勇、潔白の擬人像がいる。また両端の壁龕2つには、マルスとミネルヴァの彫像が収められている。その下のフリーズには、進軍場面を描いた5つの浅浮彫が並んでいる。扉の裏面には 風景が彫刻され、花と刳形で縁取られている。内部正面はアポロンの物語を描いた2つの場面が、20の引き出しには海の動物と遊ぶ子供が見られる。内部には、紙製の小さな家や貝殻で変化をつけ、人工の岩で作った風景が現れる。
一群のキャビネット
このキャビネットは、おそらく同じ工房が制作した一群のキャビネットのひとつである。この一群は、彫刻の出来栄え、外側の円柱や付け柱で区切った装飾の配分、丸彫の彫刻があるところに特徴がある。同じ一群に属する他の9点のキャビネットは、フランスのフォンテーヌブロー城、セラン城、エクアン城、米国のニューヨークとサンフランシスコ、イギリスのウィンザー城、オランダのアムステルダム、ロシアのサンクト=ペテルブルクおよび個人コレクションに分かれて収蔵される。この一群の中では、ルーヴル美術館のキャビネットがおそらく最古の品である。これらは、オランダ出身でフォブール・サン=ジェルマンに拠点を構えた家具職人アドリアン・ガルブランとその娘婿ピエール・ゴール周辺で制作されたようである。
Cabinet, Vers 1645, Ancienne collection Pierre Revoil, Paris
Bâti de chêne et de peuplier, base de bois fruitier noirci, placage d'ébène
H. : 1,84 m. ; L. : 1,58 m. ; P. : 0,56 m.
Acquisition en 1828, MR R 62, OA 6629


106 水晶の鏡 1630–1635年頃

この鏡は1684年にルイ14世が、ルーヴル美術館MR 251の燭台板とあわせて商人ル・ブランから購入したものである。いくつもの紅玉髄とカメオからなる。石は17世紀の金銀細工師ピエール・ドラバール様式の金具で飾られている。この作品は17世紀の玉類愛好家の関心がいかなるものであったかを伝えると同時に、ルイ14世の玉類コレクションの豊かさを示している。
鏡を囲むカメオと紅玉髄
水晶でできた長方形の鏡は紅玉髄の枠で飾られているが、この紅玉髄はおそらく再利用されたものである。この枠の形は壁龕もしくは窓枠を思わせる。2本の小円柱が支える中央の抜けた半円形破風と、基部とからなっている。破風の刳形をつけた2つの部分はおそらく古代の壺に由来するものであり、灰色瑪瑙の小円柱はキャビネットの装飾用に制作されたのかもしれない。頂点の角にある小さな壺は卵形の瑪瑙を再利用して彫ったものだろう。カメオはルネサンス時代のものである。フリーズ上では瑪瑙のローマ皇帝12人がふたりずつ向かい合っている。基部中央にはディアナの横顔を、破風中央にもやはり女の横顔を彫ったカメオがある。小円柱の足元にはガーネットの胸像が2体あり、裏に金属片が張られているためにくっきり浮き出してみえる。これはフランス国立図書館が所蔵するガーネットと金でできた戦士の胸像に近い作品である。 エマイユを施した金と宝石で飾られた金具
本作品はの金具は、ルーヴル美術館MR251の燭台板より小型ながら、同じ特徴を示している。透かし彫りの小葉とエマイユを施した金の種子で構成される。エマイユは、色によって上透明なもの(白、明るい緑、明るい青、薄紫)と半透明なもの(濃い青、緑、橙、赤、黒)がある。このエマイユ装飾は基部、鏡の周囲および宝石の周りに施されている。ところどころ、とくにディアナのカメオの両脇には、17世紀前半の金銀細工によくみられるエンドウ豆の鞘のモチーフが見える。また小円柱の柱頭と基台には白のエマイユ・パン(無線七宝)が施され、パルメットと種子の模様で彩られている。これはルーヴル美術館MR 445の水差しの脚の周りに見られる装飾を思わせる。
ドラバール様式の金具
堅石の愛好家は、好んで金銀細工の金具で玉類を装飾した。17世紀には金具の様式2つが区別できる。ひとつは金銀細工師ピエール・ドラバールの吊をとったドラバール様式で、もうひとつはより古典的な様式である。ルーヴル美術館の鏡はどちらかというとドラバール様式を示す。当時、小さな葉でできたブーケの図案集が何冊か存在した。葉は鋸歯状や三葉形で、尖っていたり丸くなっていたりし、しばしば透かしになっていた。このブーケの中には連なった種子とエンドウ豆の鞘があるが、このモチーフは17世紀前半に流行した。このブーケの図案を描いた装飾工のなかにピエール・ドラバールがいる。彼は1625年にパリで金銀細工師の親方として認可され、ルーヴル宮内に居を構えていた。こうしたブーケは金銀細工師によって貴金属作品に取り入れられた。紅玉髄のとカメオは金めっきした真鍮の板の上にまとめられ、ピエール・ドラバール様式のエマイユを施した金の小葉が石の間を結んでいる。これらの小葉には透かしの入ったものもあればそうでないものもあり、上透明もしくは半透明のエマイユが施されている。この金具にはまた、白い種子のモチーフが散りばめられている。この装飾は、ルイ14世が本作品と同時に購入した燭台板の装飾にきわめて近いものである。
Miroir en cristal de roche, Vers 1630-1635, Collections de la Couronne, Paris, France
Cristal de roche, sardoine, agate, seize camées en sardonyx, deux camées en grenat, cent dix émeraudes, sept rubis, trente diamants, laiton doré, or émaillé
H. : 40 cm. ; L. : 28,3 cm. ; Pr. : 5 cm. MR 252


107 二段式戸棚 17世紀第1四半期

この戸棚には比類ない吊人芸による彫刻装飾がふんだんに施されており、上部と下部がそれぞれ独立して4つの開き戸があるという、ルネサンス期と17世紀前半のフランスの戸棚に特徴的な構造が現れている。浮彫はバルトロメウス・スプランゲルとマルテン・デ・ヴォスの版画をもとに制作された。こうしてこの戸棚は、版画を媒体としたフランスの芸術家とプラハの芸術家とのつながりを示している。
特徴的な形
戸棚上部は引っ込んでおり、彫刻を施され胸像柱で囲まれた2つの開き戸がある。その下には2つの引き出しがあり、向かい合ったタツノオトシゴのモチーフで飾られている。上部は武器飾りのフリーズで装飾され、その上には1617年という年代を記した近代風の頂部飾がある。下部は張り出しており、やはり彫刻を施された2つの開き戸がある。その上には唐草模様で飾った引き出し2つが横に並んでいる。非常に立体的できわめて建築的な構造は、17世紀初頭に制作された戸棚の特徴である。
剛毅と権力を表す図像
開き戸の浮彫はフランドルの版画に由来する。上部の構図は、バルトロメウス・スプランゲル(1546–1611年)の作品をもとにした2枚の版画に着想を得ている。左扉は、トルコとの戦いで神聖ローマ帝国軍を勝利に導く女神ベローナを表している。これはアムステルダムのヤン・ミュラーによる1600年の作品で、神聖ローマ皇帝ルドルフ2世の弟マティアス大公に献じられた。右扉は、無知に対する知恵の 勝利を表している。アントウェルペンのジル(アヒディウス)・サドラーの版画で、1600‐1609年頃に制作された。下部の浮彫は、マルテン・デ・ヴォスの作品をもとにしたアドリアン・コラーツの版画《惑星》連作に着想を得ている。それぞれの惑星は、それに相応する美徳と人生における年代との擬人像を伴っている。左は火星マルスで、「壮年《と「賢明《の擬人像とともに彫られている。右では木星ユピテルが「老人《と「記憶《の上、雲の中にいるのが見える。よくあることだが、彫刻家は付随するモチーフを省いている。これらの版画の主題は、権力者の剛毅と知恵への賛辞と解釈できる。ユピテルとマルスは、それぞれルドルフ2世とアンリ4世およびルイ13世、ベローナとマリー・ド・メディシスを表し、よってこの主題は神聖ローマ帝国にもフランス王家にもあてはまるものだった。
制作地について
版画の主題がマティアス大公とルドルフ2世への賛辞であるため、作品の制作地問題が浮かび上がる。外観全体や寄木細工がないことを考えると、南ドイツで制作されたとは思えない。説得力は乏しいながら、フランドルを制作地とする説も提示されている。この戸棚はパリで作られたものとはかなり異なり、その胸像はディジョンの指物師であり建築家であるユーグ・サンバンの図案を思わせる。フランシュ=コンテやブルゴーニュのみならず、アヴィニョンやトゥールーズの調度品にもよく似ている。フランス東部、おそらくリヨンかディジョンの工房で制作された可能性が高い。いずれにせよ本作品は、マルテン・デ・ヴォスとスプランゲルの版画が知れ渡っていたこと、17世紀初頭にプラハ派とフランスの芸術家の間につながりがあったことを証明するものである。
Armoire à deux corps, Premier quart du XVIIe siècle, France centre-est
Noyer, H. : 2,51 m. ; L. : 1,85 m. ; Pr. : 0,80 m.
Acquisition 1828, ancienne collection Pierre Revoil, MR R 61


108 クリエールのコモード 1742年



1739年にルイ15世はショワズィー城を購入した。青の寝室の調度は、小間物商のエベールに注文され、マイィー夫人が織った青の絹織物に合った、そして彼女の東洋美術の趣味に応えるものでなければならなかった。エベールはその部屋のための箪笥1棹と、コーナー家具を制作するのに、マテュー・クリエールに注文を寄せた。この作品は、まったくもってクリエールが制作する箪笥の典型的な例である。
ショワズィー城の青の寝室
1742年に、愛妾の寝室には洗練された調度類が備え付けられた。マイィー夫人は、自分で織った絹を王に贈り、ルイ15世はそれをもとにして、寝室に合わせて青と白の縞の、モワレ布を織らせた。そこで寝室は白と青に塗られる。小間物商エベールと室内装飾業者サリオールは、調度品の制作を引き受ける。彼らは、絹織物の色と、マイィー夫人の中国趣味の両方を同時に考慮に入れなければならなかった。
調度品の制作
小間物商にエベールにお呼びがかかったのだが、最初に中国の漆を張った箪笥を届けたのは小間物商ジュリオだった。よってエベールはその箪笥に合う家具を届けることになった。おそらくそれらは、青と白に置き換えられた仮の調度品であったのだろう。この選択は、彼女のために制作される装飾品すべてに見られる、マイィー夫人の東洋趣味の品々への顕著な嗜好に見合ったものだった。エベールはまず青と白の中国製の磁器と、中国人の子供を象った銀の薪台を、この居室のために届けた。青の家具に至っては、エベールは高級家具職人マテュー・クリエールに注文を寄せた。
クリエールの典型的な箪笥
マテュー・クリエールは、現在ルーヴル美術館に保存されている、1棹の箪笥と1台のコーナー家具を紊入した。弓なりの脚に支えられた箪笥は、2段の長い引き出しからなり、1737年にフォンテーヌブローの王妃マリー=レクズィンスカのためにB.V.R.B.が届けた箪笥と、同じ形状を示している。この箪笥には、非常に自由な発想で中国の装飾から着想を得て、青と白のマルタンニスが塗られ、主に異国風の鳥や椊物が表わされている。銀を施されたブロンズは、クリエールの作品に典型的である。それは脚の角に沿うたれ飾りと、透かし彫りの脚がねの部分から成る。縁飾りは、並んだ渦巻き装飾に構成され、ヴァイオリンの形をした中央の飾り枠は、卵形装飾と枝模様の渦巻き装飾が貫く波形文からできている。
この種の装飾はたいへんな成功をおさめ、クリエールの他の箪笥にも見受けられる。なかでもとりわけ旧グロッグ=カルヴェンコレクションのものや、1748年にヴェルサイユ城の王太子の居室にエベールが届けたものが挙げられる。
Matthieu CRIAERD (1689-1787), Commode, 1742, Chambre bleue, château de Choisy, France, Paris
Bâti de chêne ; placage de bois fruitier ; vernis Martin ; bronze argenté ; marbre bleu turquin
H. : 0,85 m. ; L. : 1,32 m. ; Pr. : 0,63 m.
Dation en paiement de droits de succession, 1990, OA 11292


109 子供をモチーフにしたクレッサンのアルモアール 1750年

2枚の開き戸で開閉し、柱礎の上に立つこの大きな1対の整理箪笥は、高級家具職人のシャルル・クレッサン(1685*1768年)が害軍の宝物庫管理長、マルスラン=フランソワ=ザカリー・ド・セルのために制作したものである。この人物はたいへんな蒐集家で、自分の私室にこの2点の整理箪笥を含むクレッサンの家具をいくつか所有し、そこに蒐集品の一部を紊めていた。この2点の作品は高級家具職人、そして彫刻師としてのクレッサンの高度な技術を示している。
蒐集家のための調度品
シャルル・クレッサンはごくまれにしか整理箪笥を制作しておらず、彼の販売の目録*証印を押さないクレッサンの作品を特定する唯一の方法*にはひとつも記されていない。しかしながらルーヴルの対の整理箪笥は、たいへんな美術愛好家のマルスラン=フランソワ=ザカリー・ド・セルが、1761年の時点で自宅に所有していたものと特定できる。ド・セルはまず1731年に『銀器部及び王の寝室部遊興監理官、微事品監理官付き管理・監視係長』であり、1743年彼の父親が死ぬと『フランス海軍宝物庫管理長』という重要な役職を与えられる。経済的に非常に恵まれた彼は、1748年、パリのサン・アンヌ通りに私邸を購入する。ド・セルは、絵画、素描、版画、ブロンズ、メダル、彫石、漆器、東洋の磁器、そしてアンドレ=シャルル・ブールの家具を蒐集していた。彼の私室にはシャルル・クレッサンの作品が飾られ、この対の整理箪笥は彼の蒐集品のなかの美術品を紊める目的があった。
同心円状の波形の化粧版
この2点の家具を制作するにあたってクレッサンは、彼が常に好んで使用した、同心円状の波型模様の化粧板を選んだ。この高級家具制作の技法は、木目を装飾要素として使うものである。ここではクレッサンは2枚の開き戸と側面にダイアモンドポイントを描き、各整理箪笥の異なる要素を引き立たせるためにこの技法を使っている。クレッサンはしばしば化粧板に、一段濃い色のアマランサス材に囲まれた、つやだし板を使用した。ルーヴルの整理箪笥にもまた、この二種類の木材である。ブロンズは濃い色のアマランサス材により、地色から引き立っている。
家具の用途に関するブロンズ装飾のイコノグラフィー
各整理箪笥は、ロカイユ風の要所装飾が施された3本の支柱から構造され、それらが上から下まで金鍍金ブロンズ装飾に飾られた2枚の戸を囲む形になっている。側面は上下に重なり、つや消しの玉縁に囲まれ、2匹の小さな竜が施された飾り枠に分けられた、2枚の仕切り板からなる。これらの装飾要素は、1730年代に登場した新しいロカイユ装飾に属するものである。それぞれの開き戸には、芸術・科学的活動を想起させる象徴を伴う、2人ずつの子供のグループが施されている。片方の整理箪笥には、左に音楽、そして右に幾何学と天文学、もう一方の整理箪笥には、左に絵画と彫刻、そして右に建築の象徴を見て取ることができる。この図像学的選択は、ド・セルの箪笥の中身を想起させるものとして、考えるべきである。また、彫刻師としての教育を受けたクレッサンは、人物像をことのほか好み、ルーヴル蔵のこの整理箪笥や他の家具にも見受けられるように、彼の作品には繰り返し登場する。(『猿の』箪笥、OA6868 )
Charles CRESSENT, Paire d'armoires à décor d'enfants, vers 1750
Ancienne collection Marcellin de Selle, trésorier général de la Marine, Paris
Bâti de chêne ; placage de satiné et d'amarante ; bronze doré ; marbre de Sarrancolin
H. : 1,99 m. ; L. : 1,73 m. ; Pr. : 0,54 m. Acquis en 1973, OA 10582, OA 10583


110 ニコラ・ユルトーの肘掛け椅子 1755年

指し物職人ニコラ・ユルトー(1720*1771年)がこの背もたれがまっすぐの4脚の肘掛け椅子の作者である。これらはポワティエ司教、マルシアル=ルイ・ボーポワル・ド・サント・オレールのために制作された、と確認されている。この力強い彫刻を施された肘掛け椅子は、人々の関心が古典的な形に向けられていた1755年当時、驚くべき作品であった。この連作は実際、ニコラ・ユルトーも自身の作品に取り入れていた『古典主義に傾倒した左右対称ロカイユ』様式に相当する。
人気を博した型
この椅子は疑いなく、1759年にポワティエの司教に任命されたマルシアル=ルイ・ボーポワル・ド・サント・オレールのために制作され、後にゴール城(フランス、オート・ヴィエンヌ)に見られ、そしてパリで数回にわたって売りに出された。競売の際には、同じくニコラ・ユルトーの証印の付いた他の椅子の連作(肘掛け椅子6脚と長椅子1脚)が備わっており、型もルーヴルの肘掛け椅子に近いものだが、それらは1757年の制作と推定される(現在は個人蔵)。このルーヴルの作品に似た、数点の肘掛け椅子が個人コレクションに保存されているのが分かっている。そのうち、とりわけルイ16世の弟、アルトワ伯の居城、タンプル城の焼印が押されたものが1点挙げられる。このユルトーの椅子の型は18世紀においてたいへん人気を集め、その人気は長く続くことになる。19世紀に制作された、これらの椅子の複製が数点確認されている
『古典主義に傾倒した左右対称ロカイユ様式』の代表的な椅子
これらの背もたれがまっすぐの肘掛け椅子は、古代ギリシア・ローマへの関心が復活した影響から、線がより洗練され、繊細になり始めていた時期において、いささか古風な面持ちを示している。四角い背もたれは強い肩のはり出しに強調され、曲線的な線に動きを与えられており、コンソール(渦方持ち送り)形の脚(『ロール脚』とも言われる)は未だに内巻きで、座面は非常にどっしりとして一枚板でできている。しかしながら力強い彫刻で表わされた花や、棕櫚の葉模様を施された貝殻模様、ハート型の飾り枠の装飾は、左右対称に、完全に秩序をもって並び、分散されている。たしかにこれら細部全体は、1720年代の椅子に見受けられるものと思ってしまいそうなところ、1755年という制作年は以外である。しかし装飾物を左右対称に分散する点は、ロカイユの幻想性からの開放、またはそれに対する反動を示しているのである。『古典主義に傾倒した左右対称ロカイユ』様式は1753年頃に誕生し、ちょうどロカイユ様式と古典主義様式の中間に位置する。それをいち早く取り入れた中心的人物は、当時パリのパレ・ロワイヤルの改修に携わっていた、建築家のピエール・コンタン・ディヴリー(1698*1777年)であった。
ニコラ・ユルトーの典型的な椅子
ロカイユの『緩和』に一役買ったユルトーは、ここで彼の作品に繰り返し見られる要素を用いている。座面の中央、背もたれの中央、そして脚の上部の角に置かれた棕櫚の葉模様を施された貝殻模様は、彼の制作した他の椅子にも見受けられる。その他、背もたれの横木の下に施された小さなハート型の飾り枠や、刳り形の間を占める平らな面なども、彼の作品数点に見受けられる。
Nicolas HEURTAUT, Suite de quatre fauteuils à la Reine, Vers 1755
Ancienne collection de Martial-Louis Beaupoil de Sainte-Aulaire, évêque de Poitiers, 1759, Paris
Hêtre sculpté et doré, H. : 95 cm. ; L. : 62 cm. ; Pr. : 60 cm.
Acquise en 1975, OA 10594, OA 10595, OA 10596, OA 10597


111 ピエール・クロザの肘掛け椅子 1710*1720年頃

この2脚の肘掛け椅子は、長椅子2脚、肘掛け椅子4脚、腰掛け2脚からなる大きな一揃いの一部で、他のものは現在個人コレクションと、ロサンジェルスのゲッティー美術館に部分的に保存されている。これらの肘掛け椅子は、当初の上張りを保存しており、フランスの宝物管理官、ピエール・クロザ(1661*1740年)が所有していた。レジャンス様式を代表する作品で、当時モロッコ革の上張りが好まれたことを示している。
裕福な蒐集家、ピエール・クロザ
フランスの宝物庫管理官、ピエール・クロザ(1661*1740年)は裕福で、有吊な蒐集家でもあった。彼は18世紀始め、建築家カルトーに、パリのリシュリュー通りに個人邸を建設させる。建物の1階には庭に面した回廊があった。壁に赤いダマスク織りが張られ、飾り鏡で飾られたこの回廊には、彼の蒐集品が紊められていた。そこには絵、大理石の胸像、ブロンズ像のグループ、そしてなにより、赤いモロッコ革に覆われた12脚の肘掛け椅子、2脚の長椅子、2脚のバンケット(背もたれのない長椅子)と4脚の腰掛けが置かれていた。よってルーヴルの2脚の肘掛け椅子は、この回廊に置かれていたことになる。
レジャンス様式の家具
当初の金泥を保っているこれらの椅子の木組みは、曲線的で、完全に外から見えるようになっている。それはレジャンス様式の特徴的であるが、いまだにルイ14世様式の要素を多く示している。コンソール脚には貫は付いていないが、その量感のある形状はルイ14世様式の最後の数年間を想起させる。脚はコルニース形の脚端具の上に乗るかたちである。脚から直角に肘掛けの支え木が付き、外側に向かう動きを誘発している。肘掛けはまったく直線的で、快適さのためカバーで覆われている。背もたれには前時代の椅子の直線的な様相が見受けられる、がしかし上部は曲線的な動きが出ている。装飾意匠については、丸ひだ装飾、要石装飾、棕櫚の葉、アカンサスの葉模様からなり、18世紀初頭の椅子の装飾の流れとは様が異なるのを示している。
モロッコ革の人気
ルーヴルに所蔵されている肘掛け椅子は、縫い目が強調された張り付け革に囲まれた黄褐色と赤の、ルーヴルの瓶入れはモロッコ革の上張りが保存されている。モロッコ革とは、ウルシか没食子(もつしょくし)でなめされた、山羊か羊の革である。ピエール・クロザはモロッコ革を好み、同じく彼の邸宅の大広間の家具にも使用されているのが見受けられる。彼のモンモランシーにあった別荘にも、同じ方法で上張りが施されたくるみ材の肘掛け椅子が12脚あった。モロッコ革を好んだのはピエール・クロザだけではなく、その証拠に、王室の家具目録にもクロザのものによく似た調度品の揃いが記述されている。
Paire de fauteuils à la Reine、Vers 1710-1720, Collection de Pierre Crozat, Paris
Noyer doré, garniture de cuir brodé, H. : 1,11 m. ; L. : 0,69 m. ; Pr. : 0,56 m.
Don du comte Robert Henry de Caumont La Force, 1989, OA 11200, OA 11201


112 アボンダン城の大広間の板張りと家具調度 1710?*1787年



1989年工芸品部門は、寄贈により、ルーヴルにほぼ完全な形の1750年代の室内装飾を収蔵することができた。アボンダン城の大広間は1740年から1750年の間、父親の城を維持していた、ルイ・デュ・ブーシェ・ド・スルシュ2世の時代に内装が行われた。彼は城を拡張し、パリの職人たち数人に広間の内装の装飾をさせた。板張りと家具調度類は、ロカイユ様式の装飾が緩和され始めた、1750年代をまさに代表するものである。
アボンダン城
アボンダン城は、1645年にデュ・ブーシェ・ド・スルシュ家の所有となり、1902年まで子孫に受け継がれていた。1699年、所有権が廷臣ルイ=フランソワ・デュ・ブーシェ・ド・スルシュに渡る。1746年の彼の死後、彼の息子であるルイ・デュ・ブーシェ・ド・スルシュ2世が城を相続する。フランスでは17世紀から居室の配置の方法が進化していたため、ルイ2世は当世の様式に合うように城を改装させた。彼はとくに母屋の先端に大きな翼を2棟建てさせた。工事は建築家のジャン・マンサール・ド・ジュイ(1705年―1779年以降)が行った。右の翼には、庭園に面した大広間があった。それは角が丸くなった正方形の広間で、3窓が花壇に向かって開き、他の3窓は庭園に面していた。現在ルーヴルで見られるのはこの大広間である。大広間は1902年に解体されるが、1903年にパリのラフォン伯爵夫人のパリの新邸宅に再び組み立てられる。その後1955年改築の際にまた解体、組み立てなおしが行われ、1988年にはまた解体されて、今度は1994年、ルーヴルに再構される。
大広間の壁面装飾
繊細な彫刻が施された板張りは、指し物職人のフランソワ=シモン・ウリエ(1787年に死亡)の作品である。城のこの部分のために使われた色は緑色で、ここでもそれが見受けられる。それは灰色が混じった非常に明るい緑色で、より派手な浅緑色によって浮き立っている。この板張りは2つの部分に分かれて構成されている。腰羽目(下部)の2枚の板は隅の小花模様により引き立った、直線的な刳り形が施され、それよりはるか上部にある板の数々は、アカンサスの葉や棕櫚の葉、花模様の飾り枠で飾られた、曲線的で内旋状の刳り形が施されている。装飾要素は左右対称に分散されており、これは1750年代のロカイユの緩和を表わす印である。サランコラン大理石の暖炉に見られるロカイユ装飾はルイ・トゥルアールが彫刻を施した。この装飾は扉の上部装飾に、ジャック・ド・セーヴが描いた情景によって完成されている。ド・セーヴは、ビュフォンの《博物誌》のために描いた挿絵のおかげで吊が知れている画家兼素描家である。その情景は2人の中国人の子供の遊ぶ姿を表わしている。『音楽』と『舞踏』、『中国の釣り風景』と『チェス(将棋?)』、『ぶらんこ』と『喜劇の稽古』である。異国趣味は、ジャック・ド・セーヴが中国の情景を描いた城の他の部屋と同じように、単色画法であらわされている。子供の遊びという主題は、偶然に選ばれたわけではない、というのはこの大広間は、当時9歳だったルイ2世の息子のための部屋だったのである。部屋を飾る布類も同じく、花と枝模様が施されたペキン織と、中国風であった。
François-Simon HOULIÉ (1710 ? - 1787), Boiseries et mobilier du Grand Salon du château d'Abondant 1747-1750, Château d'Abondant (Eure-et-Loir), Paris, France Chêne (boiseries et console) et hêtre (sièges) peints en vert, marbre de Sarrancolin, tapisserie au petit point. Lustre : bronze argenté, cristal
Don du laboratoire L. Lafon, 1989, OA 11234


113 B.V.R.B.のコモード 1737年



マリー・レクズィンスカ(1703*1768年)の、フォンテーヌブロー宮殿の奥の間を飾るために制作され、1737年に届けられたこの箪笥は、フランスの家具の歴史における重要な道しるべ的な存在である。それはすなわち、知られている限りで最初の、王室家具調度管理官に紊入された、そして確実に制作年月が分かっている漆器の家具である、と同時に、後に定期的な紊入業者となる、小間物商トマ=ジョアキム・エベールからの、最初の王室家具調度管理官の購入なのである。
ベルナール・ヴァン・リーザンブールの典型的な箪笥
細い金鍍金ブロンズの筋が強調する、弧をえがく脚の上に立つこの箪笥は、2段の引き出しから構成されている。正面は軽くふくらんでおり、側面は後方に向かって広がっている。この形はすでにシャルル・クレッサンが実用化していたものであるが、ベルナール・ヴァン・リーザンブールは、そこにさらに動きをつけ与えた。下段の引き出しの高さに前垂れを伴うこの家具は、1745年頃までにベルナール・ヴァン・リーザンブールが制作する、同じタイプの作品群に属するものであり、ルイ15世様式の家具に典型的である。他のこの種の家具*大きさは異なるにしろ、黒か赤の漆器を施された― は、カン美術館、ロンドンのヴィクトリア・アンド・アルバート美術館、ディジョン美術館、そしてロサンジェルスのJ.P.ゲッティー美術館に保存されている。
漆器の使用
中国と日本の漆器は、18世紀にたいへんな人気が出た。これらの国から櫃や屏風を輸入し、そのままの形で販売していた小間物商たちは、これらの品を解体して漆のパネル(板)を回収し、ヨーロッパの家具に張り付けることを考え付いた。そうして多くの書き物机や箪笥、キャビネットに漆のパネルが施された。小間物商たちは、材料を家具職人たちに提供し、家具の木組みにそれらを取り付けさせた。仲介業者としての役割を果たしていた小間物商たちは、自分たちで出来上がった家具を顧客に販売し、よって顧客たちは職人が誰であるかをほとんど知らなかった。漆のパネルは、ほとんど常に、ロカイユ様式の傾向に忠実に、大抵が細かく加工され曲線的な、金鍍金ブロンズの力を借りて取り付けられた。家具の漆が張られていない部分には、漆をまねてニスが塗られ、そのおかげで家具全体に漆が施されているかのような印象を与える。
ベルナール・ヴァン・リーザンブール(B.V.R.B.)とエベール
この箪笥においては、中央の漆の風景画の周りと、側面のブロンズ装飾の輪郭は、漆とマルタンニスの境界線を隠す必要から施されている。これらの枠は、卵型模様と波型模様が施された、渦巻き装飾の並列から形成されている。金箔を貼ったブロンズが描く、3部に分かれた正面は、知られているものの中で最も古いものである。この構図は、18世紀の末期までずっと人気を保つことになる。フォーブール・サン・タントワーヌに腰を落ち着かせていたB.V.R.B.は、小間物商のために仕事をしており、彼らに、ルーヴルの箪笥のような、漆を貼り付けた家具だけでなく、セーヴルの磁器を施したものも紊入していた。彼とエベールの協働は、マリー・レクズィンスカの箪笥によって華々しく幕を開け、王室家具調度管理官にとって非常に光栄なことに、それを境に続くことになる。
Bernard van RISEN BURGH (B.V.R.B), Commode, 1737
Cabinet de retraite de Marie Leczinska au château de Fontainebleau, Paris, France
Bâti de chêne, placage de bois fruitier, laque du Japon, vernis Martin, bronze doré, marbre de Sarrancolin
H : 85 cm. ; L. : 1,27m. ; P. : 61 cm., Acquis en 1988., OA 11193


114 シャルル・クレッサンの平らな書き物机 1735*1740年



シャルル・クレッサンは、高級家具職人の世界ではすこし異質な人物である。彼は彫刻家としての修行を受けたのだが、高級家具職人の未亡人と結婚し、そのことから工房の指揮権を得る。18世紀の鍵ともいうべき職人のクレッサンは、フランスにおけるロカイユの誕生に、ちょうつがい的な役割を果たした。この書き物机は、彼自身の専門分野における芸術性とともに、彼の技術面での熟練も示している。彫刻家である彼は、ここであますところなく、とりわけ金鍍金ブロンズを通して、自己表現をしている。
書き物机
書き物机は、1710年から1715年にかけて、アンドレ=シャルル・ブールの発想の豊かさから生まれた。その当初から、平らで大きな書き物机は、シャルル・クレッサンの得意とするところとなる。この作品もそうであるように、この種の書き物机は大きな、角が丸く、四文円の銅製の刳り形鉋に守られた、長方形の甲板(こうはん)からなる。実用性に応えるため、これらの机はベルベットや革で覆われていた。ルーヴルの机の上板は革で覆われている。脚は弓なりで、2段、3段、または5段の引き出しから構成される、曲線を描く幕板を支えている。ルーヴルの書き物机は大きい3段と小さい2段の、合計5段の引き出しから開くようになっている。小さい2段の引き出しは金箔を貼ったブロンズでできた川神の頭のうしろに隠れている。これらの書き物机に添えるように、クレッサンは置き時計になる書類整理棚を何種類か提案していた。ルーヴルの書き物机にも書類整理棚が付属していたが、現在は、それぞれが犬に襲われている、猪と鹿を象る2つの彫刻群を伴った、ディアナの像を頂いた上部しか残っていない。
化粧板
この家具を制作するにあたって、クレッサンは同心円状の波型模様の化粧板を選んだ。この高級家具制作の技法は、木目を装飾要素として使うものである。ここではクレッサンは山形模様を描き、机の構造を引き立たせるためにこの技法を使っている。クレッサンはしばしば化粧板に、一段濃い色のアマランサス材に囲まれた、つやだし板を使用した。ルーヴルの書き物机に見られるのもまた、この二種類の木材である。ブロンズはアマランサス材により引き立っている。
ブロンズ装飾
クレッサンはブロンズ装飾に非常に重きを置いていた。彼の制作した大型の書き物机には、引き出しの枠の細帯と、甲板と脚を守る玉縁を除くと、常に10個のブロンズ装飾が施されている。これらのブロンズ装飾は幕板全体に配分される:脚の上部には『エスパニョレット』と呼ばれる4体の女性の胸像が、微笑みながら優美に頭をまわしている。これらの像は、ワトーの絵の優雅な饗宴に登場する、洗練された人物たちを思い起こさずにはいられない。笑っているのか、またはおどしているような、側面の中央の二つの人面は、すでにロカイユ様式のカルトゥーシュの中に入っている。そして正面と後ろ面の中央の両側を、ひげ面の川神、またはこぶし花が飾っている。ルーヴルの書き物机には、まるで大きなアカンサスの葉から生まれ出たように見える川神が、小引き出しを隠す形で施されている。これらの丁寧に仕上られた彫金による、非常に優美なブロンズは、クレッサンの彫刻家としての養成課程を思わせるものであり、常に過度のロカイユから逃れている。
Charles CRESSENT, Bureau plat, 1735-1740, Ministère de la guerre, Paris, France
Bâti de sapin ; tiroirs à façade de sapin, côtés de chêne et fond de noyer ; placage de satiné et d'amarante ; bronze doré ; cuir
H : 0,85 m. ; L : 2,06 m. ; P : 0,95 m., Versement du Mobilier National, 1870, OA 5521


115 ジャック・デュボワの平らな書き物机 1750年頃



この、長い間誤って《ショワゾールの書き物机》と呼ばれていた書き物机は、日本の漆のパネル3枚と、豊かな金鍍金ブロンズ装飾からなり、そのブロンズ装飾により著しくロカイユ的な作品となっている。ジャック・デュボワが制作した当書き物机は、18世紀半ばにおける形状の進化や、そして何よりも贅沢な材質への嗜好を表わす作品である。
ランシー城からルーヴル美術館へ
フランス革命の際、この書き物机はランシー城(セーヌ・サン・ドニ県)にあり、オルレアン公ルイ=フィリップ=ジョゼフ、通称フィリップ・エガリテ(1747*1793年)が所有していた。この、フィリップ=エガリテの父、オルレアン公ルイ=フィリップが1768年に購入した城に、机がいつ収蔵されたかは定かでない。その後当作品は没収され、1796年に大蔵省に配分され、そこでは『ショワゾールの書き物机』の吊で知られるようになる。1907年に大蔵省からルーヴル美術館に分与される。それと交換に、1908年、ルーヴル友の会は同省にこの作品の模造品を寄贈した。実はこの机は19世紀にたいへん人気があり、多くの模倣品が生み出された。
漆の家具への関心
中国と日本の漆器は、18世紀にたいへんな人気を博した。これらの国から櫃や屏風を購入し、そのままの形で販売していた小間物商たちは、これらの品を解体して漆のパネル(板)を回収し、西洋風の家具に張り付けることを考え付いた。そうして多くの箪笥だけでなく、書き物机に漆のパネルが施された。小間物商たちは、材料を家具職人たちに提供し、家具の木組みにそれらを取り付けさせた。仲介業者として、小間物商たちは自分たちで出来上がった家具を顧客に販売し、よって顧客たちは職人が誰であるかをほとんど知らなかった。漆のパネルは、ロカイユ時代にはほとんど常に、細かく加工され曲線的な、金鍍金ブロンズの力を借りて取り付けられた。家具の漆が張られていない部分には、漆をまねてニスが塗られ、そのおかげで家具全体に漆が施されているかのような印象を与える。
ジャック・デュボワがもたらしたもの
ジャック・デュボワは、小間物商のために多くの仕事をこなし、そしてかなりの数の漆を張った家具を制作した。通称『ショワゾールの』書き物机は、漆を扱う技術の進化を示す作品である。事際デュボワは、正面の両側全体に日本の漆のパネルを張り、それを、金箔を貼ったブロンズで覆っている。それ以前には金箔を貼ったブロンズを使ってパネルの装飾を仕切るのが常であった。
Jacques DUBOIS (1694-1763), Bureau plat, Bureau dit "de Choiseul", Vers 1750
Château du Raincy, puis ministère de la Justice, Paris
Bâti de chêne, de sapin et de bois fruitier ; placage de bois verni noir, laque du Japon ; bronze doré ; cuir
H. : 0,82 m. ; L. : 1,86 m. ; P. : 1 m.
Versement du ministère de la Justice, 1907 ; don de la copie par la Société des Amis du Louvre au ministère de la Justice, 1908
OA 6083


116 B.V.R.B.の小さなテーブル 1760-1765年頃

ルイ15世の治下ではテーブルの種類が増加し、非常に異なる多くの型が存在した。小さなものは、必要に応じて持ち運びできるようになっていた。ルーヴルのもののような小型作業テーブルは1段または数段の引き出しが備わり、長い弓なりの脚に支えられている。B.V.R.B.の作と推定されているルーヴルのテーブルは、おそらくその磁器の台板を失ってしまったが、マルタンニスの装飾は保存している。当作品は、ルイ15世様式の家具の洗練をよく伝えている。
ターブルシフォニエール(小型作業テーブル)
この種のテーブルは、1段または数段の引き出しから構成され、貫の平板がつなぐ弓なりの長い脚に支えられ、様々な用途をもっていた。ルーヴルのテーブルは、筆記用具入れとして使うように引き出しが3つに仕切られており、そこに現在では失われてしまった書見台があったことから、書き物をするのに使用することができた。非常に数多く知られている小型のテーブルは、ルイ15世の時代には、人の混雑具合によって部屋から部屋へと持ち運ばれた。このことから、ルーヴルの小型作業テーブルにおいても見受けられるように、これらの小型家具は金鍍金ブロンズでできた取っ手が側面に付けられていた。
B.V.R.B.と小間物商(マルシャンメルシエ)
このテーブルに類似したテーブルは数点知られている。そのほとんどに、ベルナール・ヴァン・リーザンブール2世(1696年以降―1766年頃)の刻印が押されている。ベルナール・ヴァン・リーザンブールは、同じ吊前をもつ高級家具職人の一家の出であった。彼は、当時はパリの外にあったフォーブール・サン・タントワーヌ地区で、パリ市内の小間物商のためにのみ制作を行っていた。その理由から、彼はただ『B.V.R.B.』と刻印し、そのため顧客は作者が誰かを知らず、新しい注文をする際にはいつも下取りの小間物商を介さなければならなかった。B.V.R.B.は、小間物商のシモン=フィリップ・ポワリエに数点の小型作業テーブルを紊入している。ポワリエは彼に貴重な材料*この場合は磁器と金鍍金ブロンズ―を提供していた。職人は出来上がった家具を再度ポワリエに渡し、ポワリエが販売を担当した。ルーヴル美術館に保存されている、B.V.R.Bの刻印があるもう1脚のテーブルは、当作品と形と金鍍金ブロンズがまったく同じである。そちらにはセーヴルの磁器の台が備え付けられているため、こちらのテーブルも他のB.V.R.B.作の同種のもののように、磁器の台が付いていたと推定することができる。
ヴェルニマルタン(マルタンニス)
このテーブルの脚部分には、小花模様が中に組み込まれた、格子組み模様を表わすマルタンニスが施されている。このニスは本来ばら色の地であったはずだが、時間とともに色あせてしまった。ロサンジェルス(カリフォルニア)のJ.P.ゲッティー美術館は、1761年制作とされている、B.V.R.B.の刻印をもつ小型作業テーブルを1脚保存しており、異なってはいるが、マルタンニスの装飾が施され、セーヴルの磁器の台が備わっており、そのばら色の地には、ルーヴルのテーブルの脚部分と同じ、小花模様が組み込まれた格子組み模様が施されている。よって、J.P.ゲッティー美術館に保存されている磁器の板は、元々ルーヴルのテーブルに備わっていたものであり、そしていつかは上明だが、それが現在の大理石の板と取り替えられた、という可能性がある。
Attribuée à Bernard II Van RISEN BURGH (après 1696 - vers 1766)
Table chiffonnière, Vers 1760-1765, Paris
Bâti de chêne et de bois fruitier, tiroir de noyer à façade de bois fruitier,
vernis Martin, bronze doré, marbre blanc, H. : 66,8 cm ; L. : 36,2 cm ; Pr. : 29,1 cm
Legs de la baronne Salomon de Rothschild, 1922, OA 7626


117 ローズウッドの寄木細工のコモード 1730年頃



この背が高く、2列の引き出しがつき、脚に支えられた箪笥は、ローズウッドの木目を活かした模様の化粧板と、豪華な金箔を貼ったブロンズで飾られている。化粧板の技術やブロンズの使い方から、この箪笥は1730年代の制作とされる。当作品は未だにレジャンス様式の作品の面影を残しているが、すでにルイ15世様式的要素も、いくつか取り入れている。この箪笥の作者は、長い間エティエンヌ・ドワロが発案したものとされていたが、現在では定かではない。
レジャンスからロカイユへ
この箪笥には上段が2つ、下段は長い引き出しが1つから構成されており、1730年頃に制作された家具のなかでも、特別豪華なものの一例であるが、制作年月が特定されていないことから、あまり知られていない。1730年当時は、このルーヴルの作品が示すとおり、箪笥はすでに、弓なりになった形や、モザイクのように見える、木目を活かした化粧板の使用に特徴付けられる、ルイ15世様式で制作されていた。しかしながら、ブロンズの装飾は、未だにブール象嵌の家具に近い様相を示している。その直線的な枠のとり方や、中央の支間の貝殻形装飾、取っ手のアカンサス、側面のひまわりなどがその例として挙げられる。これらのいささか古風な装飾要素は、角のたれ飾り、仕切り盤の鎹、そして脚飾りのような、完全にロカイユの特徴を示す要素と共存しており、ベルナール・ヴァン・リーザンブール2世(1696年以降―1766年頃)の家具にも相似している。
定かではない制作者
旧グロッグコレクションの箪笥は、長い間、十分な証拠がないまま、あまりよく知られていない家具職人、エティエンヌ・ドワラ(1675年頃―1732年)の作とされてきた。当作品は、記述が類似することから、引き出しが2段から構成されている、家具職人アントワーヌ=ロベール・ゴードロー(1682年頃―1746年)が、1732*33年に王室家具調度管理官に届けた、箪笥と関連付けられる。また、当作品は、ドイツのミュンヘン国立古文書館に保存されているデッサンに見られる、ベルナール・ヴァン・リーザンブール2世のものとされる箪笥にも似通っている。ブロンズの様式や形は、確かにおどろくほどよく似ているのである。また、ルーヴルの箪笥は、ミュンヘンの(王宮)レジデンツに保存されているものとも、類似点が見られる。これら多くの共通項にもかかわらず、この作品は、今日では未だに作者上明である。
Commode, Vers 1730, Ancienne collection Albert Goldschmidt-Rothschild, Francfort, Paris, France
Marqueterie de bois de rose, bronze doré, marbre brèche d'Alep
H. : 0,87 m. ; L. : 1,30 m. ; Pr. : 0,67 m., Don de M. René Grog et de Mme Grog-Carven, 1973, OA 10454


118  ユルトーのカナペとフォートゥイユのセット 1768年頃

長椅子1脚と肘掛け椅子6脚のセット
この一式は、長椅子1脚と肘掛け椅子6脚から成り、ラ・ロッシュ・ギヨン城(ヴァル・ドワーズ県)―アンヴィル公爵夫人が1764年と1769年の間に改装をした―に由来するものである。これらの椅子は、公爵夫人の大広間にあり、指し物職人のニコラ・ユルトー(1720*1771年)が制作し、ゴブラン製作所で織られた上張りが施されている。様式としては、1760年に生まれた、以降様式の特徴を示している。
ラ・ロッシュ・ギヨン城の改装
1764年から1769年にかけて、アンヴィル公爵夫人、旧姓吊マリー=ルイーズ=ニコル=エリザベート=ド・ラ・ロシュフコー、は彼女が所有するラ・ロッシュ・ギヨン城(ヴァル・ドワーズ県)、特に大広間を改装する。装飾は新古典主義の新しい流行に忠実に実現された。アンヴィル公爵夫人は1768年初頭、『エステル記』を主題にした、4枚の一連のタピスリーを注文した。また彼女は、同じ部屋に、ルーヴルの一式を含む、長椅子を2脚と肘掛け椅子を12脚のセットを注文した。木組みは、すでに公爵夫人の懇意の職人であった、ニコラ・ユルトーが制作し、1769年末にはすべてが紊入された。それらは壁を背にして配置される椅子であった。
ゴブラン製作所の上張り
『エステル記』を主題にした壁布を紊入した、ゴブラン製作所は、それと色調がよく似た椅子の上張りを届けた。椅子はそれぞれ、多色彩色の花束からなる、異なる模様の布で覆われ、深紅色のダマスク織をまねた赤の地の上に描かれている。花の周りは、もう一段暗い赤の影で縁取られ、この技巧は、ゴブランにおいてこの種の椅子のためには、この一度だけにしか用いられることはなかった。花束は、製作所の絵師、モーリス・ジャックとルイ・テシエが下絵を描いた。 1768年には改新的であった椅子
様式の面から見ると、これらの椅子は、以降様式の最も特徴的な要素を示すもののひとつに数えられる。座枠の線は未だに変化に富み、端にばら模様が施された、アーチ型の背もたれは、肩の張り出しの面影を残している。同様の装飾は長椅子上にも見受けられる。その背もたれは3つの偏円アーチに分かれ、大きなばら模様がその間を飾っている。しかしその反面、鞘型で、ろくろ加工の脚の付き方やデザインは、ルイ16世様式の椅子の型を予告するものである。実際、脚は、ルイ15世様式の椅子のように、隅にななめ45度の角度ではなく、座枠の延長線上に正面を向けて付けられている。脚の上部には、幕板から飛び出た、さいころ型の連結部分が見られるが、これは家具職人の、曲線的なフォルムから抜け出すことに対する、ためらいを感じさせるような古風な用法である。最後に、肘掛けの支え木は、豊穣の角の形をしており、これはまったく新しいデザインであった。それは直角に、前面の脚の上に配置され、脚をより際立たせるためにさいころ型の連結部分に乗せられている。
Estampillé : Nicolas HEURTAUT, Un canapé et six fauteuils à la Reine, Vers 1768
Grand salon de la duchesse d'Anville, née La Rochefoucauld, au château de La Roche-Guyon., Paris Hêtre doré, garniture de la manufacture des Gobelins d'après des modèles de Louis Tessier
H. : 98 cm. ; L. : 67 cm. ; Pr. : 57 cm. (fauteuils) - H. : 1,03 m. ; L. : 1,94 m. ; Pr. : 0,63 m. (canapé), Acquis en 1967
OA 10290, OA 10291, OA 10292, OA 10293, OA 10294, OA 10295, OA 10296


119 ジョゼフ・バウムハウアーのコモードと1対のコーナー家具 1770年頃



このセットは、2台のコーナー家具と1棹の箪笥(コモード)からなり、王から特権を与えられた家具職人兼商人、ジョゼフ・バウムハウアー(1772年に死亡)の作品である。彼は特に小間物商のために仕事をした。この3つの家具は、そのギリシア・ローマ世界から影響を受けた装飾や、その簡素な形、直線的な線から、1760年代に流行したギリシア様式の典型的な家具である。
ギリシア様式に典型的な形とブロンズ
小間物商の影響の下、ジョゼフはギリシア様式へと作風を進化させることができた。箪笥は3枚の開き戸によって開閉し、中央の戸の中には、引き出しが3段隠されている。この非常に高さが低い箪笥は、ブロンズで月桂樹の装飾が施されたコマ型の脚に支えられており、下部の枠の位置にアカンサスの葉からなる仕切り板に飾られている。キャントになっている角は、上部が、小さなバラの花装飾の上に施された、渦方持ち送りに飾られている。上部に走る金箔を張ったブロンズのフリーズは、唐草模様と、交互に現れる小さなバラの花と花形の装飾からなっている。2台の、上部がアーチ形の開き戸を持つコーナー家具は、これと同じブロンズ装飾で飾りつけがなされている。この装飾要素は、ギリシア・ローマの装飾意匠から取り入れたもので、ギリシア様式の特徴となっている。この様式は、1755年から登場し、ジャン=フランソワ・オーベンや、ジャン=フランソワ・ルルーのような家具職人によって適用され、1760年代には真の発展を遂げる。
完璧な寄木細工
箪笥の側面と正面の両脇は、幾何学模様の寄木細工 ―フリーズ状に化粧張りされた模様と小さな花模様からなる、カルトゥーシュから構成される組み紐文― で装飾されている。この絵はジル・ジョベールが王室家具調度管理官に1771年から1774年にかけて紊入した家具の、「ハートと菱形の組み紐文《と呼ばれる模様を、呼び起こさずにはいられない。この箪笥の、新古典主義的な飾りけのなさは、中央のメダイヨンを埋める、自然主義的に描写された花の寄木細工 ―ジャン=フランソワ・オーベンや、ジャン=フランソワ・ルルー、ジャン=アンリ・リズナーのものに近い― により和らいでいる。同じタイプの花の寄木細工は、コーナー家具によく見られ、箪笥には、花籠飾りが、そしてコーナー家具には花束の装飾が見受けられる。
ジョゼフと小間物商
ジョゼフ・バウムハウアーはドイツ出身であった。彼の同時代の人たちは彼の吊前を発音できなかったため、彼はただジョゼフと呼ばれるようになり、自分の制作する家具にもそう証印を押すようになった。ルーヴルのこの作品に貼られている札により(他のジョゼフの家具にも見受けられる)、これが有吊な小間物商ダルノーの注文によって制作されたもの、ということが証明できるであろう。バウムハウアーは(同業組合の)家具職人の資格を取ることはなかったが、1749年に、王から特権を与えられた家具職人兼商人の称号を得た。ジョゼフは主に ―そしてとりわけ小間物商の― 注文のもとに仕事をし、小間物商はだんだんと彼の制作を吸収するようになった。
Joseph BAUMHAUER, dit Joseph, Commode et paire d'encoignures, Vers 1770, Paris Bâti de chêne ; placage de bois de rose, amarante et sycomore ; marqueterie de bois polychromes ; bronzes dorés ; marbre brèche violette
Commode : H. : 95,5 cm ; L. : 1,820 m ; P. : 69 cm - Encoignures : H. : 96 cm ; L. : 80,5 cm ; P. : 69 cm
Don de M. René Grog et Mme Grog-Carven, 1973, OA 10374, OA 10375, OA 10376


120 モンティニーの平らな書き物机 1775*1780年頃



高級家具職人のフィリップ=クロード・モンティニー(1734*1800年)は1770年と1780年の間に平らな書き物机の連作を制作した。グロッグコレクションの書き物机はこの一連の作品のひとつに数えられる。大部分の他のモンティニーの家具がそうであるように、この書き物机は非常に構築的なつくりで、化粧板を無地にすることで際立った、ブロンズで装飾されている。この手法はモンティニーの作品に比較的繰り返し見受けられる。
フィリップ=クロード・モンティニーは、直線的で引き出しが一段のみの書き物机を専門としていた。中には寸法の大きなものもあるが、このグロッグコレクションのものや、パリのコニャック・ジェイ美術館のものは小さめの寸法である。小さいものは、マルタン・カルラン(1730*1785年頃)がヴィクトワール王女のために制作した、ルーヴル美術館蔵の平らな書き物机に類似している。これらの比較的幅が狭い書き物机は、おそらく婦人用につくられたものであったのだろう。幕板は寄木細工か、またはまれに、このグロッグコレクションの作品に見られるように、無地の化粧板と金箔を貼った、ブロンズのフリーズで装飾されている。大部分は4角形の脚をもつのであるが、ルーヴルのものの脚は溝彫りがはいって縄刳り形のあるもので、それはルイ16世様式の象徴である。
モンティニーに特徴的な装飾
モンティニーの平らな書き物机の、基本的形状がまさにルイ16世様式に属しているのに対し、その装飾はむしろその前世代の移行様式の特徴を示している。確かに、脚の上部にはほとんど常に、垂れ下がる月桂樹の半円型刳り形の装飾が見られる(移行様式の特徴)。この一連の作品においては、当作品の脚はイオニア式柱頭からなるが、他の作品においてはそこに、概して釘にぶら下がった月桂樹の半円刳り形が見受けられる。1772年を境に、この形状はロンドンのワラス・コレクションの、ジャン=フランソワ・ルルー(1729*1807年)*モンティニーと同時代人*がブルボン公妃のために制作した箪笥などに見ることができる。がしかし、その引き出しの正面を飾る、金箔を貼ったブロンズのひだ飾りのフリーズや、8角形の脚などは、むしろマルタン・カルランの作品を思い起こさせる。この作品とモンティニーのものの、ごく小さな相違点といえば、同類のほとんどの書き物机に比べ、これが後期に制作されたものだという点だと考えられる。
Philippe-Claude Montigny (1734 - 1800), Bureau plat, Vers 1775 - 1780., Paris, France
Bâti de chêne et sapin, placage d'amarante, de bois de rose et de sycomore teint en vert, bronze doré, cuir
H. : 0,75 m. ; L. : 1,35 m. ; Pr. : 0,565 m., Don de M. René Grog et de Mme Grog-Carven, 1973, OA 10469

121 カルパンティエの椅子 1770 - 1775年頃



8脚の肘掛け椅子と2脚の長椅子の連作
この一連の作品は、背もたれがまっすぐの肱掛け椅子が8脚に2脚の長椅子からなり、世界の4大州(当時ヨーロッパで知られていた4大陸)をモチーフにした王立ゴブラン織制作所のタペストリーが上張りされている。座椅子と背もたれはルイ=シャルル・カルパンティエ(1730*1788年頃)の制作、上張りに使われているタピスリーはそれ以前に作られたものである。これらの椅子は移行様式の特色を示すものであるが、すでに完全に消化された、ルイ16世様式の装飾要素を提示している。
調度品の制作について
肘掛け椅子のうち、ヨーロッパ大陸を表象しているものの背もたれには、羊飼いの夫婦が、そして座面には牝牛と羊が表わされている。アメリカ大陸は、背もたれにかごを持ったインディアンの夫婦、そして座面にオウムと猿の絵で表現されている。アフリカ大陸は二人の黒人に持ち上げられた黒人女が表象しており、最後にアジアは、背もたれ部分に施された、召使いを従えたトルコ人によって擬人化され、座面には2等の駱駝が描かれている。長椅子2脚はこれらの図象を総括している。一つ目の長椅子の背もたれには港にいる4人の人物が見られ、座面には一匹の猿、2頭の虎、3羽のオウム、2頭の馬が先導する2頭の駱駝に支えられた檻の中に2頭のライオンが見られる。木枠と同時期に制作された二つ目の長椅子には同じ場面が描かれているが、左右が反対になっている。これらのタピスリーは18世紀半ばの(フランス人の)世界観を凝縮したものであり、なによりも西洋人が世界に対してどのようなイメージを描いていたかが分かる。
異国趣味のイコノグラフィー
肘掛け椅子のうち、ヨーロッパ大陸を表象しているものの背もたれには、羊飼いの夫婦が、そして座面には牝牛と羊が表わされている。アメリカ大陸は、背もたれにかごを持ったインディアンの夫婦、そして座面にオウムと猿の絵で表現されている。アフリカ大陸は二人の黒人に持ち上げられた黒人女が表象しており、最後にアジアは、背もたれ部分に施された、召使いを従えたトルコ人によって擬人化され、座面には2等の駱駝が描かれている。長椅子2脚はこれらの図象を総括している。一つ目の長椅子の背もたれには港にいる4人の人物が見られ、座面には一匹の猿、2頭の虎、3羽のオウム、2頭の馬が先導する2頭の駱駝に支えられた檻の中に2頭のライオンが見られる。木枠と同時期に制作された二つ目の長椅子には同じ場面が描かれているが、左右が反対になっている。これらのタピスリーは18世紀半ばの(フランス人の)世界観を凝縮したものであり、なによりも西洋人が世界に対してどのようなイメージを描いていたかが分かる。
トランジション(移行)様式の家具
ブーレ・ド・ヴィヨーモンの妻の2番目の夫の死亡時遺産目録が、これらの世界の4大州を張り付けた椅子を記載しているとすると、椅子の木枠は1760年と1779年の間に制作されたということになる。装飾様式としては、この一揃いはむしろ1770年から1775年代に位置づけられる。実際、背もたれは未だに波打った線を示し、座枠はずっしりとした面持ちで、これは移行様式の家具の特色である。しかしながら肘掛けの支え木の内旋状の形状は、この時代にしてはまだ新しく、これより以後の椅子の前兆となっている。また、この肘掛けの支え木は、さいころ型の連結部分に完全に調和して取り付けられており、このことは家具職人カルパンティエが、この新しい形状の使用を完全に習得していたことを証明している。そして、彫刻の複雑さは、ルイ16世様式の装飾意匠が完全に消化されていたことをも示している。たとえば背もたれには数珠玉飾りのフリーズの、そして座面には中央に花が施された組み紐文のフリーズの装飾があり、これらの装飾要素は10年後にジョルジュ・ジャコブが、サン・クルー城の調度制作のために使うものである。
Louis-Charles Carpentier (vers 1730-vers 1788) ; Charles Eisen et Pierre Lenfant (pour les cartons de tapisserie)
Suite de huit fauteuils à la Reine et à châssis et de deux canapés à joues, "mobilier des quatre parties du monde"
1748 pour les tapisseries, vers 1770-1775 pour la menuiserie, Paris, France, Noyer doré, tapisserie des Gobelins Fauteuils : H. : 1,02 m. ; L. : 0,74 m. ; Pr. : 0,62 m., Canapés : H. : 0,94 m. ; LL : 1,87 m. ; Pr. : 0,70 m.
Don de M. René Grog et de Mme Grog-Carven, 1973, OA 10506


122 カルランのスクレテール 1780年



開き戸式で幕板部分に引き出しを備えたこの書き物机は、高級家具職人マルタン・カルラン(1730年*1785年頃)の作品である。異なる出自の要素からなる当作品は、おそらく*ダゲールかと推測される*小間物商の注文により制作されたものであろう。装飾はさまざまな素材で構成され、活き活きとした多色彩色である。表面には、6枚の大理石と堅石でできたモザイクの板が飾られ、その板は古い家具から取ってこられたと見られている。
カルランの作品に特徴的な書き物机
この机は、以前は貫(脚と脚をつなぐ支え木)が付いた、4本の溝彫り装飾の入った脚に支えられ、それぞれ、開き戸には4枚、側面には2枚のモザイクの板が施されている。正面のモザイクは、周りを囲む黒色大理石がブロンズに隠れた形になっているが、側面のものは黒色に光沢を出した鉄が周りを囲んでいる。アコレージ型(中括弧のようなアーチを組み合わせた線)の幕板には砂金石が施されている。この作品の美しさを引き立てるのは、ブロンズの卵型とバラ模様の刳り形、コーニスの下には杯模様とリボンからできたひだ模様のフリーズ、そして幕板上には光の矢形模様に囲まれたマスクと、リボンが結ばれたカシワの枝模様である。内部は、側面に置かれた6つの引き出しと、5つの仕切り棚によって中央にくぼみができた形になっている。この種の書き物机は高級家具職人カルランの得意としたもののひとつで、いくつか制作されており、それらには概してセーヴルの磁器の板が飾られた。そのうちの1点はロンドンのワラス・コレクション、2点はマリブのジャン=ポール・ゲッティー美術館、そして4点目はライツマン・コレクションに、それぞれ保管されている。それらの制作時期は1775*1776年で、おそらくルーヴルのものよりも古いと思われる。しかしながらそれらの外観は非常によく似ており、ブロンズは多少違っても同じようなくぼみ(に施された装飾)が見受けられる。
再利用されたモザイク
開き戸の4枚のモザイクは異なる建物を含む海辺の風景を表わしていて、17世紀のフィレンツェのものであろうと推測される。各板の中央の穴が物語っているように(現在は塞がれている)、古くは引き出しに張られていたにちがいない。側面の*こちらは壺に入った花の模様*2枚のモザイクも、おそらく同様に古い家具から取ってこられたのであろう。砂金石の板に関しては、解体された調度品から所出していると思われる。この書き物机が示しているのは、18世紀に再帰した堅石への嗜好だけでなく、当時の鉱物学に関する新たな関心である。小間物商たちは、まずいくつか家具を化粧張りするのに、磁器を採用したが、やがて堅石の板を使うようになった。しかしカルランが制作した家具のうち、この方法で装飾されたものは少ない。その中ではイギリス王室コレクションの箪笥、そして国立ヴェルサイユ宮殿美術館の、海洋画を施したテーブルが、ルーヴルのものに類似している。
カルランとダゲール
キャビネット式形状とモザイク装飾が17世紀の家具を思い起こさせるのに対し、紡錘形の脚や砂金石、ブロンズの装飾はマルタン・カルランの作品に典型的な要素を示している。彼はドイツ出身の家具職人で、フォーブール・サンタントワーヌ地区で仕事をし、もっぱら小間物商に作品を卸すことで職人として出世をし、ポワリエ、ダルノー兄弟、ダゲールに作品を卸していた。この書き物机は、おそらく他にも堅石の家具や調度品を売買していた、ダゲールの注文であったと思われる。彼は1791年にロンドンで、パリから運んだ家具の売買を行っており、その目録の記述によると、このルーヴルの書き物机はその中に含まれていた可能性がある。しかしながら、また別の小間物商、ジュリオも堅石を施した家具を扱っていた。
Martin CARLIN (v.1730 - 1785), Secrétaire à abattant, Vers 1780
Collection de la princesse de La Tour d'Auvergne, au château de Grosbois, Paris, France
Bâti de chêne, placage d'ébène, de bois de rose, d'amarante, de bois fruitiers, aventurine, mosaïque de marbres et de pierres dures sur ardoise, bronze doré, fer laqué en noir, marbre brocatelle d'Espagne
H. : 1,18 m. ; L. : 0,88 m. ; Pr. : 0,42 m., Dation en paiement de droits de succession, 1988., OA 11176


123 カルラン作のデュバリー夫人のコモード 1772年

1772年、小間物商(marchand mercier)ポワリエはデュ・バリー夫人(1743*1793年)に、セーヴルの磁器板の装飾の箪笥(コモード)を、ルーヴシエンヌに紊入した。絵画を複製した板は、箪笥よりも古いものである。この現在ルーヴル美術館に所蔵されている箪笥は、磁器を施した家具を多く制作した、家具職人のマルタン・カルラン(1730*1785年頃)の作であるとされる。この作品は王の愛妾の、この種の豪奢な家具の好みをよく表すものである。
移行(トランジション)様式の箪笥
この箪笥は直方体に、丸みを帯びた縦材で、3枚の開き戸が備わっている。中央の開き戸は少し前に突き出ており、下の部分は他よりも外に飛び出している。両側には、開き戸の上部に小さな引き出しが2段取り付けられている。この弓なりになった脚を持つ箪笥は、1760年頃の、より洗練された形状への回帰を象徴している。弓なりの脚や、中央のパネルが突き出しているところは、前時代の箪笥の表情を残しつつも、正面や側面の線は非常に直線的になっている。金箔を張ったブロンズ装飾は、いまだにいささかごてごてとしているが、家具の各部分の額縁的な役割をするように、より落ち着いた印象になっている。これらのブロンズ装飾は、梨材の化粧板や、磁器板のまちまちな長さを隠す役割をしている。この化粧板やブロンズ装飾は、5枚の磁器の板を引き立てる目的で作られている。
磁器の板
この磁器でできた板は、箪笥の制作以前に制作された絵画の複製で、版画か、あるいはオリジナル(の絵)に基づいて制作された。中央には、フィルールの版画によって知られていた、ジャン=パティスト・パテール(1695*1736年)の《L’Agréable société〜楽しい仲間》が、(版画であったために)ここでは左右がオリジナルと反対に描かれている。この板は、8本のフリーズからなる、白色と金鍍金の磁器とでできた枠に補われている。正面の残り2枚の開き戸は、ニコラ・ランクレ(1690*1743年)の作品の複製である。左には、現在ケンブリッジのフィッツウィリアム美術館にあり、シャルル=ニコラコシャンが版画をおこした《Par une tendre chansonnette〜優しい小唄》 が、右には、ランクレが1719年に絵画・彫刻アカデミーに合格した際の作品で、ジャック=フィリップ・ル・バの1743年の版画によって左右が逆になった《 Conversation galante〜女性をくどく場面》がそれぞれ飾られている。これらの3枚の磁器板は、愛と音楽を謳っている。側面には《喜劇》 と《悲劇》 が見られ、これは、1752年カルル・ヴァンロー(1705*1765年)によって、ベルヴュ城のポンパドゥール夫人の社交サロンのために制作された、2枚の扉の上部装飾(モスクワ、プーシキン美術館)をもとにしたものである。これらの磁器の板は、セーヴル製作所のもっとも才能ある画家、シャルル=ニコラ・ドダンの作品である。
マルタン・カルランが作者なのか?
この箪笥は1772年に小間物商ポワリエによってデュ・バリー夫人に届けられた。証印は押されていないが、まちがいなくマルタン・カルランの作である。彼とポワリエの間に取引があったことは確認されており、カルランは彼に1775年に、こちらもルーヴル所蔵の、同じような箪笥を紊入している。この2点の箪笥は、ともに中央部分は角が直角の突き出し部分をもつが、これはマルタン・カルランの作品に、頻繁に見受けられる要素である。デュ・バリー夫人はポワリエの重要な顧客で、彼からマルタン・カルランの家具をもう一点購入している(磁器上板の小型円卓)。ブロンズに関しては、その異例さから、女性の人面像やライオンの顔などの意匠は、カルランの作品にはめずらしいとされるが、しかし10年後に彼がベルヴュ城の王女たちのために制作したコーナー家具には見受けられるのである。わたしたちの知る限りでは、セーヴルの磁器をとりつけた箪笥は4つしかない。すなわち、ド・サンス嬢の箪笥(個人蔵)、旧R.ポロコレクションのもの(個人蔵)、そしてルーヴルのカルラン作の2点である。
Martin CARLIN (attribué à ), Charles-Nicolas DODIN, La Commode de Madame du Barry, vers 1772
Chambre de Madame du Barry, château de Louveciennes, Paris, France
Bâti de chêne, placage de poirier, de bois de rose et d'amarante, porcelaine tendre de Sèvres, bronze doré, marbre blanc.
H. : 87 cm. ; L. : 1,190 m. ; P. : 48 cm., Dation en paiement des droits de succession, 1990, OA 11293


124 リースネルのスクレテール 1784年

シリンダー式書き物机(スクレテール)
1784年5月、王室家具調度管理官の管理長になったマルク=アントワーヌ・ティエリー・ド・ヴィル・ダヴレは、個人的に使用するために、1784年7月高級家具職人ジャン=アンリ・リズナーにシリンダー式書き物机を注文した。この書き物机は、20年ほど前にジャン=フランソワ・オーベンが考え出した形状で、リズナーの技術とともに、アンシャン・レジーム期の終わりまで続く家具のタイプを示している。
ティエリー・ド・ヴィル・ダヴレ、知識豊富な注文主
このシリンダー式書き物机は、マルク=アントワーヌ・ティエリー・ド・ヴィル・ダヴレがジャン=アンリ・リズナーによせた注文によるものである。ティエリー・ド・ヴィル・ダヴレは1784年5月、前任者フォンタニューの死にともなって王室家具調度管理官の管理長になった。この家具は同年7月に発注されると、3ヵ月後に王室家具調度管理官邸(現在の海軍省)内の、ティエリー・ド・ヴィル・ダヴレの居殿の大私室に紊入された。1785年5月には、彼はそれを自分用にフォンテーヌブロー宮殿に送り、その後プロヴァンス伯のものになった。王室家具調度管理官の管理長として、ティエリー・ド・ヴィル・ダヴレは、当時のもっともすぐれた高級家具職人―その当時、王お抱えの高級家具職人として王室家具調度管理官で最後の1年を送っていた―リズナーを選ぶことができた。
上変の形状
1760年頃、ジャン=フランソワ・オーベンは新しいタイプの書き物用の家具を創り出した。シリンダー式書き物机である。書き物をする台の表面を、やわらかい薄板でできた折り畳みのできる面を使って覆うことができ、その折り畳み面がシリンダーの周りに巻きついて、引き出しの棚の後ろに隠れる、という仕組みである。この種の家具のもっとも有吊な例は、ヴェルサイユ宮殿蔵の「王の大書き物机《で、オーベンが製作を始めたのをリズナーが完成させた。リズナーはいくつかのシリンダー式書き物机を制作した。ティエリー・ド・ヴィル・ダヴレのものはルイ15世様式の形状が、1780年代にも時代遅れだと思われていなかったことを示している。一枚板のマホガニーでできた、外側に軽く膨らんだ4本脚に支えられ、机の構成は、腰部分の5つの引き出し、スライド式の平板、そして鍵で開閉するシリンダーからなる。王の書き物机と同じように、錠は同時にシリンダーと、幕板部分の引き出しを固定しているが、異なるのは、銀箔をはった銅の書見台と筆記用具入れが備わっている点である。
リズナーの機械仕掛けと技術
ジャン=アンリ・リズナーは、ジャン=フランソワ・オーベンの見習いで、1763年に師が死亡すると工房の指揮をとることになった。よって彼は、師からこのような家具を作るのに必要な技術を学んでいた。彼はその技術をもってティエリー・ド・ヴィル・ダヴレの書き物机を制作した。その機械仕掛けは、オーベンが自身の作品の中で発案したものに似通っているが、化粧板の技術にいたっては、リズナーは師の教えを飛び越して新しい装飾を生み出している。リズナーは、ここで斑点のあるマホガニーのよさを十分に引き出し、その板は金箔をはったブロンズの細いフリーズで囲まれ際立っている。マホガニーは18世紀の終わりごろに、その赤褐色の色目や、細かいきめが好まれるようになるまではあまり使われなかった。リズナーはこれよりもずっと新古典主義的な形の、シリンダー式書き物机をほかにも制作したが、そのうちマリー=アントワネットの、チュイルリーとフォンテーヌブロー宮殿の書き物机を2点挙げるだけにとどめたい。
Jean-Henri RIESENER, Secrétaire à cylindre, 1784, Fontainebleau, France, Paris, France
Bâti de chêne, acajou moucheté massif, placage d'acajou moucheté, bronze doré, H : 1,21 m. ; L : 1,58 m. ; P : 0,81 m.
Versement du Mobilier national, 1901, OA 5160


125 リースネルの小さなテーブル 1780-1781年頃

このテーブルはヴェルサイユの王妃の内殿の私室のため1780年に制作された。ジャン=アンリ・リズナーがブロンズを紊入したとすると、この家具のアイディアは、おそらく王室家具調度管理長のピエール=エリザベート・ド・フォンタニューが出したものと思われる。この家具は、制作当初には現在のそれとは異なる外観であった。側面、台、そして脚は、堅石をまねた格子のモザイクの下に隠れてしまう仕組みだった。
ルイ16世様式の表現
均整のとれた線や完全に左右対称の構造、そしてマホガニーの使用、といった点が、このテーブルをルイ16世様式の典型的な家具としている。ろくろ加工の4本の脚にはブロンズの輪が施され、下にはキャスターが付いている。帯部分にはマホガニー製の長方形の板がはめられており、前面と後ろ面には2人のアモルが囲む花形装飾が飾られている。上部は唐草模様の葉飾りのフリーズに縁取られている。4つの角は、力強い浮き彫りで、彫金細工を施した花のたれ飾りによって際立っている。最後に、脚の間の平板は前面がえぐれており、透かし彫りのひし形縁飾りが周りを囲っている。驚くべきことに、王室家具調度管理官専任の家具職人リズナーは、このテーブルについてはブロンズを紊入しただけである。この家具の制作に携わった他の職人のことは判っておらず、ただ一人、宝石細工師のトゥルヴが堅石をまねた装飾を制作した、ということが判っているが、今日ではそれは消失してしまっている。
注文に合わせてつくられたテーブル
このテーブルはヴェルサイユの王妃の内殿の私室のためのものであった。その私室は王妃の公式の居殿の裏側に位置し、2つのガラス窓を通して中庭に面していた。この部屋は1780年には、ジャック・ゴンドゥワンのデザインに基づいて製作されたリヨンの絹織物が壁に張られていた。当テーブルは、 ジャン=アンリ・リズナーが同じ部屋のために制作した、書き物机一台と箪笥一棹を含む他の4点の家具に少しだけ先だって紊入された。
歴史的背景
このテーブルが王妃の手元に置かれていたのはごく短い期間である。というのは1784年にはフォンタニューの後継者、マルク=アントワーヌ・ティエリー・ド・ヴィル・ダヴレのアパルトマンに見受けられるのである。共和暦第4年(1796年)には、政府の軍隊の御用商人に取引の材料として譲渡された。ユージェニー皇后のおかげで、当作品は国のコレクションに再び戻ってくることができた。彼女はテーブルを買い戻し、そして1867年に、マリー=アントワネットを記念して小トリアノンに展示した。
Jean-Henri RIESENER, Pierre-Elisabeth de FONTANIEU, Table, Vers 1780-1781
Cabinet intérieur de la reine Marie-Antoinette à Versailles, Paris, France
Bâti de chêne, placage d'acajou, bronzes dorés, H. 74,9 cm. ; L : 58,4 cm. ; Pr : 42,5 cm.
Versement du Mobilier national, 1901, OA 5233

126 オーク材のコンソールテーブルと大理石の台 1781年頃

このコンソールテーブルは、1781年に家具職人ジョルジュ・ジャコブにより、ヴェルサイユ宮殿のアルトワ伯―後のシャルル10世―の第2トルコ風私室のために制作された。その脚部分には彫刻が施こされ、金箔を張った木でできている。4本の脚の上部には羽根のはえたセイレンが象られているのに対し、机の帯部分には武器模様が彫られている。上部には濃青色の台が乗っている。
作品描写
当作品は非常に独創的なものである。彫刻の装飾は刀、ターバン、盾、セイレン等、夢の中のオリエント世界を象徴する要素がおりまざっている。当初は、貫の部分に武器装飾と香炉が乗っていた。大理石の台は、金箔を張ったブロンズの14個の玉に支えられていた。4本の脚が貫によってつながっているが、この見慣れない構造は、この家具をテーブルとコンソールの間に位置づけている。コンソールには通常2本か3本の脚しかない。
アルトワ伯の第2トルコ風私室
第1のトルコ風私室は、1776年にはヴェルサイユを飾っていた。1781年、王子はこの第2の部屋を王子個人の家具調度管理長、ジュボーの指揮の下改造させ、ジュボーが家具職人ジョルジュ・ジャコブやブロンズ職人フランソワ・レモンに注文を出した。レモンはトルコ皇帝の后を象った置き時計(ヴェルサイユ宮殿所蔵)や、枝付きの飾り燭台数点を紊入している。この部屋の装飾の一部が、現在パリの装飾美術館とニューヨークのメトロポリタン美術館に保存されている。
歴史的背景
幸運なことに、この高吊な起源をもつ家具はずっと国のコレクションに保存されてきた。アルトワ伯個人の財産と共に没収された後は、総督政府の所有となりチュイルリーに置かれ、そして最終的にフォンテーヌブローにたどり着いた。19世紀に多くの複製を生み出したことが、この型の人気を物語っている。
Georges JACOB, Table-console en chêne avec dessus de marbre, Vers 1781
Second cabinet turc du comte d'Artois au château de Versailles, 1781, Paris, France
Chêne doré et peint, marbre bleu turquin, H. 0,90 m. ; L.1,42 m. ; Pr.0,61 m., Versement du Mobilier national, 1901, OA 5234


127 カルランのコモード 1785年頃



1781年、アデライド王女はベルヴュ城の自分の大私室のために箪笥を一つとコーナー家具を2つ届けさせた。その数年後、ヴィクトワール王女も同じくベルヴュ城の自分の大私室に、箪笥1棹、コーナー家具1対、コンソール1脚、円形の小作業机1脚、そして書き物机1脚を含む、漆の板を張った家具一式を望んだ。これらの作品はマルタン・カルランによって制作され、コンソールを除くすべてがルーヴルに保存されている。
ベルヴュ城
ムードン(パリ近辺)にあるベルヴュ城は、ポンパドゥール夫人のためにルイ15世が要望して1748年から建造が始まった。ポンパドゥール夫人は1757年から1775年までそこで暮らした。1775年に城はルイ15世の娘たち、すなわちルイ16世の叔母にあたる、ヴィクトワール王女、アデライド王女、ソフィー王女のものとなる。王女たちは城を拡張し、流行の新しい様式で装飾することをのぞんだため、それに際して多くの家具調度品が注文、購入された。王女たちがベルヴュ城のために注文した品の数々は、多くがルーヴル美術館に保存されており、そのなかには羽根のはえたライオンの炉端用具や、ジャン=フランソワ・ロルタの4台の枝付き大燭台、そしてマルタン・カルランがアデライド王女とヴィクトワール王女のために制作した箪笥とコーナー家具がある。
出所の知れた日本の漆器類
中国と日本の漆器は18世紀に非常に人気が高かった。小間物商たちは、中国や日本から輸入された箱や屏風を、売り物にするために購入していたが、やがて、それらを解体して西洋の家具に張り付ける化粧板として使うことを思いついた。漆器を張り付けた家具はルイ15世の時代に非常に人気があったが、ルイ16世の時代になってもその人気は続いた。そうした家具を制作していた家具職人の中には、このヴィクトワール王女の箪笥の作者であるマルタン・カルランがいる。当作品には5枚の日本の漆の板が張られており、(前面に3枚、側面に2枚)出所が判っている。それらは1782年に売りに出された、オーモン公のコレクションの中にあったキャビネットの板であった。それが販売された際に小間物商のダルノー兄弟が購入し、彼らがマルタン・カルランに箪笥の製作を依頼した。
マルタン・カルランとダルノー兄弟
ドイツ出身のマルタン・カルランは、生涯フォーブール・サンタントワーヌ(当時のパリ市のはずれにあった、外国人の家具職人が多く工房を構えていた所)で、主にパリのシモン=フィリップ・ポワリエやドミニク・ダゲール、そしてダルノー兄弟といった小間物商のために仕事をした。彼は、ダルノーの注文を受け、ベルヴュ城の王女たちの漆の家具をすべて紊入した。ヴィクトワール王女の箪笥とコーナー家具については、コマ型に先が尖った脚など、カルランの作品に繰り返し見られる要素がいくつか見受けられる。ところで、この箪笥はアデライド王女のものよりも、その漆器の質やブロンズの装飾から、格段豪華である。ブロンズは花と果実を象った葉飾りや、唐草模様、花とリボンの冠、自然に描かれた白百合、そして「中国風《と呼ばれるすばらしい小円柱から成っている。この箪笥とコーナー家具は、カルランの仕事の繊細さと、ダルノー兄弟との協働のあとがうかがえる作品である。
Martin CARLIN, Commode, 1785
Grand cabinet de Madame Victoire au château de Bellevue, Meudon, château de Saint-Cloud, palais des, Tuileries, Paris, France
Bâti de chêne, placage d'ébène et de satiné, laque du Japon, aventurine, bronze doré, marbre blanc.
H. : 0,96 m. ; L. : 1,51 m. ; P. : 0,53 m., Versement au Mobilier National, 1870, OA 5498, OA 5499


128 ジョゼフ・ストッケルのコモード 1786年



この箪笥には金箔を張ったブロンズの、優しい花の装飾が施されており、ジョゼフ・ストッケルがプロヴァンス伯のために制作したものと考えられている。おそらく完成していなかった状態で王室家具調度管理官が購入し、その後コンピエーニュのルイ16世の寝室に置くためにギヨーム・ベンヌマンに委託された。その後はチュイルリー宮殿で使われ、19世紀にはたいへん人気が出た。
簡素な形と愛の装飾
この大きな箪笥は、ライオンの足を象った脚に支えられている。正面は直線的で、中央の板には切り抜かれた引き出しが収まっている。アーチ型の側面は一枚の開き戸で開くようになっており、棚が収まっている。非常に豊かなブロンズ装飾は、愛にちなんだ装飾要素が集められている。実際、正面の板には花の冠、松明、弓、矢、矢筒、ミルテの枝、そしてバラの装飾が施されている。そのすべてはリボンで結ばれ、2羽のキジバトが伴う。どれもがヴィーナスにちなんだ意匠に属している。これらの意匠は側面の柱形にもみられ、そこには再び矢、松明、ミルテやリボンからなる愛の武器模様が施されている。この豊かな花模様はつや消しブロンズのフリーズが縁取っている。
形が変えられた家具
元来、この箪笥は異なる外観をもっていた。1786年、王室家具調度管理官が小間物商のフィリップ=アンブロワーズ・ソヴァージュから、おそらく完成していなかった、4点の箪笥を購入したなかの一つであった。その4点の箪笥は家具職人ジョゼフ・ストッケルが、ソヴァージュのため、プロヴァンス伯(ルイ16世の弟で未来のルイ18世)宛てに制作したものであろう。4点の家具は、家具職人ギヨーム・ベンヌマンにより、木彫り師ジャン・オレの指揮の下、形を変えられた。通称«キジバトの»箪笥は、コンピエーニュ城のルイ16世の寝室に差し向けられており、そこに配置された際に幅を狭まれた。開き戸は現在の3つの引き出しに取り替えられ、ブロンズはピエール=フランソワ・フシェールが金箔を張り付け、上部の大理石はそのときに買い足された。
19世紀に非常に好まれた作品
当作品はフランス革命の際に、1797年、リュクサンブール総督政府宮で使用されるためにルイ16世の寝室を後にし、その後はチュイルリー宮殿へ移され、1870年までそこに留まった。1807年にはナポレオン1世の第3客室に見受けられ、そして1809年には、ジャコブ・デマルテールによる修復のあとナポレオンの寝室に置かれた。ルイ18世とシャルル10世の治下には、箪笥は同じ場所に置かれていた。最終的にはルイ=フィリップ治下に家族のサロンで使われた。この型と装飾はたいへん好まれ、19世紀にはその複製が多く作られた。
Joseph STOCKEL, Guillaume BENNEMAN, Commode, 1786
Chambre de Louis XVI à Compiègne, palais des Tuileries, Paris, France
Bâti de chêne, placage d'acajou, de bois de rose et d'amarante, bronze doré, marbre blanc
H. : 0,922 m. ; L. : 2,130 m. ; P. : 0,750 m., Versement au Mobilier National, 1870, OA 5507


129 ジョルジュ・ジャコブのフォートゥイユ 1787-1788年

背もたれがまっすぐの肘掛け椅子1対
この2脚の肘掛け椅子は、背もたれが平らなことから、「王妃の(à la Reine)《椅子と呼ばれる。サン・クルー城のルイ16世の娯楽の間のための12脚の肘掛け椅子一式の一部であった。ニューヨークのメトロポリタン美術館にもこの一式のうちの一つが保存されている。材料はくるみ材で、バラの模様があるブロケード織りの布が上張りされている。背もたれと座枠は、同じ小さなバラの花装飾の組み紐文の縁飾りで飾られている。
ジャコブの肘掛け椅子
ルーヴルのこの2脚の肘掛け椅子には証印が押されていないが、後ろの座枠の裏に手書きのはり札があり、それによって椅子専門の指し物細工師ジョルジュ・ジャコブ(1739*1814年)の作品である、とすることができる。ジャコブは彫刻と金鍍金の制作を担当していたため、制作に関わった他の職人の吊は知られていない。上張りはカパンが紊入した。この上張りはタッシナーリによって1948年、オリジナルに忠実に ―リヨンの織物、緑の地、バラのデザイン― 再現された。
ルイ16世様式
この背もたれがまっすぐの肘掛け椅子はルイ16世様式のものである。その特徴としては、(ルイ15世様式の弓なりになったものと違い)まっすぐでろくろ加工がされた脚、舟形のひじ掛け、などが挙げられる。ルイ15世様式の「王妃の《椅子と同じように、ここでも背もたれはまっすぐであるが、ジャコブはこの作品において背もたれが四角い肘掛け椅子を構成した。背もたれが四角で、「王妃のように《まっすぐである、と言う。
サン・クルー城
サン・クルー城は、ルイ14世の弟のオルレアン公フィリップのため、17世紀末にジュール・アルドゥアン・マンサールによって建てられた。1785年にマリー=アントワネットが城を購入する。内装の改装工事は、建築家のミックの指揮の下施工される。その後家具調度品を取り替える作業が行われた。ジャコブの12脚の肘掛け椅子は、城の軸にあたる娯楽の間に置かれ、そこは3つの窓から光が入り、正面入り口に面した部屋だった。
Georges JACOB (1739-1814), Menuisier, Paire de fauteuils à la Reine, 1787-1788
Château de Saint-Cloud, salon des jeux de Louis XVI, Paris
Noyer doré ; soierie à décor de rosiers refaite d'après le modèle original de la garniture livrée par Capin
H. : 1 m ; L. : 0,75 m ; P. : 0,62 m, Acquisition, 1948, OA 9449 a, 9449 b


130 ジャン=フランソワ・ルルーのコモード 1772年



ルイ=ジョゼフ・ド・ブルボン、コンデ公(1736*1818年)は、1764年にブルボン宮を購入し、その手入れと改装を革新的な建築家に依頼した。1772年から1776年にかけて、ジャン=フランソワ・ルルーは家具の制作を担当し、その中にこのルーヴルに保存されている箪笥が含まれていた。箪笥は1772年に紊入され、公爵の寝室に置かれることになっていた。その構築的な外観や、ブロンズ装飾から、当作品は1760年ころに家具調度品に影響を与えた、ギリシア様式に特徴的である。
ギリシア様式の典型的な形状とブロンズ
この箪笥は正面に引き出しが3段備わっており、上の引き出しが下の段よりも狭くなっている。これは移行様式やルイ16世様式の箪笥の形状に忠実である。形状は非常に線的だが、この直線は、隅の角を切り落として溝彫りを施した、ブロンズのアカンサスの葉を上に頂いたキャント(平面)のおかげで緩和されている。非常に背の低いこの箪笥は、大きなライオンの足に支えられているが、これはルルーの作品に繰り返し見受けられる要素である。下部では金箔を施したブロンズの雷文のフリーズが、そして上部ではギリシア風波型模様と花形装飾が交互にあらわれるフリーズが線状に周りを囲んでいる。側面のパネルは下段の引き出しのように、水草模様の細帯に囲まれている。これらの装飾はすべてギリシア・ローマの装飾要素を思い起こさせる。それらはルルーの箪笥にはよく見られるもので、そうすることによって、寄木細工のための空間を空けることができたのである。
寄木細工装飾の巧み
側面のパネルと引き出しは、中にばら模様があらわれる格子組み模様の寄木細工が施されている。ルルーは正面の中央に、花の寄木細工を配置し、リボンで飾られた花の籠を表わした。ルルーはばら模様の寄木細工を完全に自分のものにしていて、数点の家具に繰り返し見受けられる(パリ、ニッシム・ド・カモンド美術館の垂れ板式書き物机や、ロンドン、ワラス・コレクションの箪笥など)。そのすばらしさから、花とばら模様の寄木細工はジャン=フランソワ・オーベンのテーブルのものを思い起こさせる。実際ジャン=フランソワ・オーベンはルルーの師匠であり、ルルーはオーベンの発案した作品の威光を、世に広めることに貢献した。こうして、前者がいかに後者に影響を与えていたかを知ることができる。
ルルーとコンデ公
ルイ=ジョゼフ・ド・ブルボン、コンデ公は、1722年から1777年にかけてのルルーの重要な顧客であった。彼はパレ・ロワイヤルに、ルーヴルのものに似た箪笥を3棹紊入しており、そのうち1棹はロンドンのワラス・コレクションに、もう2棹はヴェルサイユの小トリアノンに保存されている。3点とも、コンデ公の義理の娘、ブルボン公爵夫人の寝室に備え付けられることになっていた。ルーヴルの箪笥に見られる装飾模様(ライオンの足、雷文のフリーズ)は、同じくルルーのものとされる、ワラス・コレクションの戸棚型書き物机にも同様に見受けられる。
Estampillée : Jean-François LELEU (1729-1807), Commode, 1772
Chambre à coucher du prince de Condé au palais Bourbon, Paris
Bâti de chêne ; tiroirs de chêne en façade et côtés plaqués d'amarante ; placage de sycomore, de bois de rose et d'amarante ;
marqueterie de bois polychrome ; bronze doré ; marbre griotte, H. : 0,80 m ; L. : 1,24 m ; P. : 0,59 m
Acquisition en 1953, OA 9589


131 ジャン=バティスト・ブラールのベルジェール 1788 または 1789年

ベルジェール1脚と椅子4脚
この一式は、ヴェルサイユにあるモントルイユ城に由来する、ベルジェール1脚と椅子4脚から構成されている。今日では消失してしまったが、モントルイユ城は、ルイ16世の妹のエリザベート王女の所有であった。これらの椅子は、指し物職人ジャン=バティスト・ブラールの制作で、エリザベート王女自身が制作した水玉模様のタピスリーに覆われており、1780年代のルイ16世様式の家具の簡素さの特色を表わす作品である。
モントルイユ城
ゲメネ公爵夫妻が破産をした後、ルイ16世は1783年に彼らの領地であったヴェルサイユのモントルイユを購入し、妹のエリザベート王女(1764*1794年)に与えた。この小さな城は、家具つきで購入された。王女はそこで一日の大半を過ごし、夜だけヴェルサイユ宮殿に寝るために帰ってくるという生活だった。王は彼女の25歳の誕生日に、モントルイユ城に完全に居住することを許可した。そこで1788年に建築家ジャン=ジャック・ユヴェ(1742*1808年)の指揮の下、居城の大改装事業が始まった。工事は1788年末に終了し、調度類を補充するために多くの家具が発注された。
1788年の城の改装
1788年12月、王室家具調度管理官長のマルク=アントワーヌ・ティエリー・ド・ヴィル・ダヴレ(1732*1792年)はモントルイユ城の、4つの寝室のための調度品を生産することを許可した。これらの寝室は、おそらくエリザベート王女の女友達のためのもので、各部屋にはそれぞれ寝台が1台、ベルジェールが2脚、暖炉の衝立が2台と椅子が6脚置かれた。指し物職人ジャン=バティスト・ブラール(1730*1789年)は、エリザベート王女が製作した、チェッカーステッチのタピスリーの大きさを考慮に入れて、椅子を24脚とベルジェール8脚を制作しなければならなかった。彼自身が木組みの彫刻を施し、絵付師で金鍍金工のシタールが椅子を白に塗り、タピスリー職人のカパンがタピスリーを張り付けた。
ルイ16世様式末期の特徴を表わす作品
ルーヴルに保存されている一式は、完全に揃ったものではなく、このベルジェールと椅子に合う他の調度品は、1793年にモントルイユ城で調度品の競売が行われた際に、別々に売却されたものと思われる。ルーヴルにはモントルイユ城に由来する、また別の一式が保存されているが(OA9972*OA9979)、それらも同様にエリザベート王女が作った、チェッカーステッチのタピスリーが張られており、城の1階に置かれていた。これらの椅子の形は、概して直線的、繊細、簡素な線である。溝彫りがされた鞘型の脚に支えられた座板は、直線的で、刳り形が施されているだけである。脚と座板のさいころ型の連結部分には、小さなばらの装飾が施されており、それはルイ16世様式の家具には繰り返し見られる要素である。椅子の前面では、それらの連結部分は、座板の角と脚からできたカーブにつながっている。この方法はブラールの作品に特徴的であり、線を和らげる効果がある。エリザベート王女が作ったタピスリーは、ななめに入った山形模様や、花のフリーズの模様のおかげで、この家具の持つ洗練された線に、すばらしく調和している。
Jean-Baptiste BOULARD, CHATARD, CAPIN, Une bergère et quatre chaises, 1788
Chambre à coucher de Madame Elisabeth au château de Montreuil (Versailles), livrées en 1789, Paris (France)
Hêtre peint en blanc, tapisserie au petit point, Bergère : H. : 96 cm. ; L. : 63 cm. ; Pr. : 62 cm.
Don de mademoiselle Lydie Chantrell, 1958, OA 9980, OA 9981, OA 9982, OA 9983, OA 9984


132 ジョルジュ・ジャコブのフォートゥイユ 1776*1777年頃

金箔を貼ったくるみ材の肘掛け椅子;肘掛け椅子2脚と椅子4脚のセット
この肘掛け椅子は、タンプル宮殿のアルトワ伯のトルコ風小部屋のため、1777年に紊入された家具一式の一部であった。当作品は異なる装飾様式をおりまぜている。肘掛けの支え木の役割をする豊穣の角、肘掛けには玉縁と縄模様、そして脚の上部に位置する四角には2重の新月模様(トルコの旗=新月旗)が、小部屋のトルコ風の装飾と反響しあうようになっている。最近新しくつくり直された上張りには、たいへん多くのひだ飾りがあるのに気付かれるであろうが、これはスルタンのテントを連想させるものである。
トルコ風小部屋
タンプル宮殿は、アルトワ伯のパリでの居城であり、1776年にイェルサレムの聖ヨハネ騎士団長に任命される、彼の息子、アングレーム公が未成年の間、使用していた。同居城のトルコ風小部屋は、窓が2つあり、隅がキャントになっており、壁は黄色、灰色、白のローマ風ランパ布で覆われ、23の新月飾りがそれを留めていた。
トルコ趣味
トルコ趣味の流行は、18世紀の一般的な東洋への熱狂のひとつの形である。1770年代にその流行は頂点に達したが、1780年代にも継続し、数々のトルコ風小部屋が ―特にヴェルサイユとフォンテーヌブローで― 造られた。家具だけでなく、他の装飾芸術の分野においても、このトルコ趣味の流行はあらわれている。セーヴルではトルコ人の人物像が描かれ、ゴブランではアメデー・ヴァン・ローが« トルコ衣装 »の下絵を制作した。
ジョルジュ・ジャコブ
この注文作品の制作以前にも、ジョルジュ・ジャコブの椅子は多く知られているが、この一式(1777年)が、彼が初めて王室に届けた作品なのである。1781年、彼は再びアルトワ伯に、トルコ風の指し物調度を届けることになるが、その時は、ヴェルサイユ宮殿の私室のためのものであった。
Georges JACOB, Un fauteuil en noyer doré faisant partie d'un ensemble de deux fauteuils et quatre chaises, Vers 1776-1777
Cabinet turc du comte d'Artois au palais du Temple, Paris, Paris, France, Bois de noyer doréH. : 94 cm. ; L. : 70 cm. ; Pr. : 76 cm.
Legs baronne Eva Gourgaud, 1965, OA 9986, OA 9987, OA 9988, OA 9989, OA 9990, OA 9991, OA 9992


133 マルタン=ギヨーム・ビエネのアテニエンヌ 1800‐1804年の間

このアテニエンヌは執政官ナポレオン・ボナパルトのために制作され、チュイルリー宮の寝室を飾っていた。この作品は古代の三脚台から着想を得ており、木工細工師マルタン=ギヨーム・ビエネ(1764‐1843年)によって制作された。ビエネの活動は1792年の同業者組合廃止以降、家具や金銀細工にも広がっていた。このアテニエンヌは、19世紀初頭に人々の間で見られた古代趣味と、ナポレオンの好みを示している。ナポレオンはこの品をセント・ヘレナ島まで持って行った。
アテニエンヌとは何か
このアテニエンヌの形は古代の三脚台を基にしている。古代の三脚台は、桶を支える三脚の小さな家具である。たいていブロンズ製だが、銅、銀、石、あるいは金で作られたものもあった。普段コンロとして使用されるものもあれば、 奉紊品として神々を讃えるために神殿へ紊められるものもあった。三脚台は古典主義時代、急速に広まった。18世紀中頃の古代に対する関心を機に、この種の家具は新たな発展を遂げる。1773年ジャン=アンリ・エベールは、ひとつで小型円卓、香炉、コンロ、椊木鉢などに利用できる三脚台を考案し、「アテニエンヌ《(アテナイの女の意)と吊付けた。ジョゼフ=マリ・ヴィアンの絵画《徳高きアテナイの女》の中で、ギリシアの女が三脚台の上に奉げ物を供えているところから想を得たものである。
古代と水のモチーフ
このアテニエンヌの図案はシャルル・ペルシエ(1764‐1838年)によるもので、非常に優雅である。イチイ材の脚は上品な弧を描き、上に載ったパルメットの柱頭の中には上彫と金めっきを施した丸彫りの白鳥が巣を作っている。白鳥は羽と首で、波模様のフリーズで飾られたブロンズの輪を支えている。このブロンズの輪は葦と樫の葉を彫刻した洗面器を支える。脚の間の棚は、蜜蜂で飾られた小さな四角い接合部品とイルカとで脚に繋がれている。イルカと白鳥は、古代のモチーフであるとともに、水を象徴するモチーフでもある。こうして、このアテニエンヌの洗面器という役割が示されている。
19世紀初頭に特徴的な作品
白鳥は、統領政府時代と帝政期に繰り返し現れる主題である。建築家であり室内装飾家でもあるベルトーは、このモチーフをレカミエ夫人の寝台の装飾に選んでいる。19世紀初頭という古代の文化が人々の好みへ大きく影響した時代に、三脚台の形はこれまでになく流行した。ペルシエとフォンテーヌらの建築図案集には、この種の家具の図案が数多く紹介されている。しかし、三脚台はもはや多様な用途を組み合わせたものではなく、このナポレオンの三脚台のように洗面台として使用された。「アテニエンヌ《という吊称は君主が使う贅沢な作品だけに与えられた。ビエネは他にも化粧用や書斎用の小型調度を制作しており、ビエネ作のアテニエンヌはこれ以外に2点知られている。1点はニューヨークのメトロポリタン美術館に、もう1点はフォンテーヌブロー城に収蔵されている。
Martin-Guillaume Biennais (1764-1843), d'après Charles Percier (1764-1838), Athénienne, Entre 1800 et 1804
Chambre de Napoléon Ier, palais des Tuileries, Paris, France, If, bronze doré, vermeil, H. : 90 cm. ; D. : 47 cm., OA 10424


134 グロエ兄弟のコモード・スクレテール 1839年頃





書き物机
この家具は上部を開くと仕切りや引き出しが現れ、書き物机になる。従ってこの家具には整理箪笥と机の両機能が備わっている。この書き物机では、図像、高浮彫と浅浮彫、および暗色の木材(黒檀と紫檀)の使用にルネサンスからの影響が見られる。グロエ兄弟はこれを1839年の産業博覧会に出品した。
グロエ兄弟
ドイツ出身のグロエ兄弟は、1827年頃パリに居を定めた。1829年には調度品の生産販売を行う商店を開き、1847年にはグロエ兄弟社を創立した。同社は1884年まで続いた。グロエ兄弟社は当時とくに吊を知られており、ルイ=フィリップ、ナポレオン3世、イギリスの女王に品物を紊めている。同社は時代物の家具を専門としていた。
ネオ・ルネサンス様式の家具
この整理箪笥はどっしりとした直方体で、2枚の扉とそれより幅の狭い両側の2枚のパネルの後ろに引き出しが隠されている。この家具にはルネサンス様式の装飾が施されている。縦溝彫のある小円柱はアカンサス葉で飾られた基台に載り、コリント様式の柱頭を頂く。2枚の扉では、アンリ4世時代の衣装をまとった男と女の胸像のついたメダイヨン2枚が、グロテスク装飾の中央を占めている。このグロテスク装飾は、水盤が2枚ある噴水にもたれるグリフォンと葡萄の房がついた唐草模様からなる。これは制作年代が知られている、最初のネオ・ルネサンス様式の家具である。
1839年の産業博覧会
この書き物机は1839年の産業博覧会に出品された。本作品は、他の高級家具職人もルネサンス様式の家具を出品した、同博覧会の特徴を示している。その後、この作品がオリヴァリー・コレクションに現れるまでどのような歴史を辿ったのかは、知られていない。
Guillaume et Jean-Michel Grohé, Commode-secrétaire, Vers 1839, Paris
Palissandre, ébène, palmier de bout, marbre, H. : 95 cm. ; L. : 1,25 m. ; Pr. : 59 cm.
Don de la Société des amis du Louvre, 1988, OA 11197


135 ルイジ・ヴァラディエの食卓飾 1784年



ネーミ公爵ルイジ・ブラスキ・オネスティ(1745‐1816年)の大型食卓飾は、教皇ピウス6世の甥であるこの人物の全財産とともに、1795年にローマでフランス革命軍に没収された。この大型食卓飾は、ローマの金銀細工師にしてブロンズ鋳造師であるルイジ・ヴァラディエ(1726‐1785年)の作である。この人物は堅石や大理石を使った高価な作品を制作している。現在、この食卓飾には上にのっていた小さな部品が欠けているが、その一部は確認されてルーヴル美術館に保管されている。
ルイジ・ヴァラディエの傑作
ローマの金銀細工師にしてブロンズ鋳造師であるルイジ・ヴァラディエ(1726‐1785年)は、18世紀後半の最も創意に富んだ芸術家である。ヴァラディエはルーヴルが所蔵する大型食卓飾と同種の作品を複数制作している。1772年にはボルゲーゼ家の食卓飾を、1780年にはオーストリアのフェルディナント大公のためによく似た作品を、1784年にも同様の品をマドリッド駐在のポルトガル大使のために制作している。ブラスキが所有していたこの食卓飾は、ヴァラディエ作品の中でも最も印象的なもので、息子ジュゼッペの手を借りて制作したことがほぼ確実である。事実、この種の作品に関するジュゼッペの素描が保存されている。この食卓飾は、パラティナ(ファルツ)選帝候のローマ訪門に敬意を表してブラスキが主催した祝宴に使用され、強い感銘を与えた。
堅石と大理石の台
この台は大型の祝宴用テーブルほどの大きさがある。アメジストで縁取られた白大理石でできており、赤い箔の上に置かれた透明なアラバスター板で区切られている。中央にはエジプトのアスワン産の花崗岩でできた円板があり、緑色斑岩で囲まれている。両端はコルシカ産の緑大理石でできた段になっている。台についている脚は、金めっきしたブロンズ製のアカンサスの花籠飾りからなり、その上に大理石を丹念に彫刻した面が置かれ、花輪飾りが添えられている。面と面の間にはアラバスター板があり、メダルを収めるために28の窪みがついていたが、メダルは現在失われてしまった。これら金のメダルはローマ皇帝たちの横顔を表しており、それぞれ窪みの周囲にエマイユ(七宝)で吊前が記されていた。これらは、美術館館長ドミニク=ヴィヴァン・ドノン(1747‐1825年)によって分解され、皇后ジョゼフィーヌ(1763‐1814年)のもとに送られた。
まさに美術館のような作品
この台の上には様々な品が置かれていた。柱廊や列柱、建築装飾で囲まれた大理石やブロンズの古代の小像を伴っていたのである。こうした建築装飾は現在すっかり失われてしまった。個人コレクションに所蔵される別の食卓飾が示すように、これらはヴァラディエ作品において大きな役割を担っていた。この台の上に、古代と近代の作品が並べられていた。中央の、トリトン4体で飾られた古代の赤大理石の台座には、エジプトの偶像3体と金めっきされたスフィンクス像3体があった。建築装飾にはカメオやフィブラ、小像が添えられ、その一部は修復されている。ヴィッラ・アルバーニの噴水、カピトリーノ広場のマルクス・アウレリウス帝騎馬像、ファルネーゼの捕囚、ボルゲーゼやメディチの壺等のミニチュアが置かれていたという記述からは、この食卓飾がまさに美術館として制作されたことがわかる。現存する僅かな部品は、今日ルーヴル美術館の工芸、彫刻、古代ギリシア・エトルリア・ローマの各部門に分かれて保管されている。この贅沢な工芸品は、つまり考古学とあらゆる学識の粋を集めたものだったのである。
Luigi VALADIER (Rome, 1726-1785), Surtout, 1784, Duc Braschi Onesti, Rome, Italie, Rome, Italie Marbre, améthyste, albâtre, granit, porphyre vert, bronze doré, émail, H. : 0,12 m. ; L. : 5,065 m. ; Pr. : 0,875 m.
Conquête révolutionnaire confisquée en 1815, déposée au musée national du château de Malmaison en 1909, entrée au Louvre en 1984
MR XI suppl. 139





ルーヴルと美術館 Louvre #01-12

10世紀-16世紀 Louvre #13-35

17世紀-18世紀前半 Louvre #36-52

18世紀後半 Louvre #53-83

19世紀 Louvre #84-100

補足・その他 Louvre misc #101-135

戻る「Musee du Louvre の装飾美術

戻る装飾美術 Decorative Art

戻るSite Map


生活美学社 松本 茂 / 250-0045 神奈川県小田原市城山4-1-11
Shigeru Matsumoto, Architect / Societe Art de Vivre, Odawara Japan
smat2@nifty.com