Objets d'art du Louvre

戻る「Musee du Louvre の装飾美術」

はじめに

「Musee du Louvre の装飾美術」はインテリア学習者の教材用に1996年に作成したスライド集(パリで学ぶ建築と装飾美術の歴史 ルーヴル美術館編)によるものです。
1.本編はルーヴル美術館に収蔵されている Objet d'art部門の主要作品を収録した。
2.調査・撮影は1991年から94年、編集・解説記述は95年に行った。
3.収蔵品データは仏文表記しているが、原稿入力の都合でアクサンを付していない。
4.収蔵品番号は美術館管理番号(MR---あるいは OA----)をデータ末尾に表示した。
5.展示室名は室番号と室名をスライド標題末尾に表示した。
6.スライド #1〜#9はルーヴル美術館の紹介 #10〜#12は装飾美術史の概観解説とした。
7.固有名詞のカナ表記は現地音にならったが、慣例のあるものはそれに従った。

36

ブロークンペディメントのあるアルモアール
16世紀末または17世紀初め<第31室 Salle Henri IVe >
ルネッサンス風のウォールナット製2 段重ねの端正なアルモアールです。ややひっ込んだ上部は、左右のコロネット(小柱)と真ん中にニッチ(中の彫像は失われています)のあるペディメント(破風)で囲われています。フリーズの中央には大理石の嵌め込み、左右には足元に白鳥のいる横たわった裸像のレリーフ、2 枚の扉には花と果実を手に歩く裸像のメダイヨン、上下の大理石の嵌め込みとスワッグ(花飾り)・空飛ぶ鷲・キマイラ(ギリシャ神話の怪獣)などのレリーフで飾られています。少し出っ張った下部には、鷲と白鳥のメダイヨンに大理石の嵌め込みのある左右の縦框とコンソール(持ち出し垂木)、大理石の嵌め込みの間に彫られた足元に孔雀のいるジュノー(ジュピターの妻)のフリーズ、2 枚の扉には左が「夏」を象徴する裸像、右が「冬」を表す老人像のメダイヨンを置いています。このアルモアールはヴィスコンティ侯爵の寄贈になるものですが、1619年の史料からトゥ−ルのカレーコレクションに納められていたものと推定されています。パリ製作の初期秀作の一つです。
Armoire a deux corps, noyer et marble, Paris, fin du XVIe ou debut du XVIIe siecle, H=2.14m L=1.12m W=0.44m (OA6970)

37

英雄画レリーフによる扉を持つアルモアール
17世紀第1四半期
<第31室 Salle Henri IVe >
この豊穣な彫刻に装われたウォールナット製のアルモアールは、戦利品のレリーフのあるフリーズや当時の英雄画を原画とする4 枚の扉の木彫パネルなどから、神聖ローマ帝国皇帝ルドルフ2 世かマティアス大公に関わるものとする説もあります。パネル原画は装飾画で著名な作者によるもの。上部はB.スプレンジャーで、左が「ベローナ」右が「知恵の勝利」下部がマルテン・ド・ヴォ、左が「マルス」右が「ジュピター」です。装飾の豊穣さからはフランシュ・コンテ、ブルゴーニュ、アヴィニヨン、トゥールーズなども推定される産地です。頭部の2 枚の櫛形破風は、技法の違いから後代の製作とされています。
Armoire a deux corps, noyer, France, 1er quart du XVIIe siecle H=2.54m L=1.85m W=0.8m (OA6970)

*ルドルフ2 世 Rudolf II…ハプスブルグ家、マクシミリアン2 世の次男。1576年から1612年まで神聖ローマ帝国皇帝。その後をマティアス大公が継ぐ。

38

トゥールーズの聖歌隊席 1610−12年頃
<第31室 Salle Henri IVe >
ウォールナット製3 連の聖歌隊用椅子です。肘掛け仕切りの装飾には、ハーピー(ギリシャ神話の怪獣)の力感あるバリエーションを4 体彫っていますが、この技法には先の「英雄画レリーフによる扉を持つアルモアール」の豊饒な表現に共通するものが感じられます。17世紀以降の南フランスの装飾技法の発展を示しています。
Stalles de choeur, noyer, France(Toulouse), vers 1610-12

39

エフィア侯爵の天蓋のあるベッド 1650年頃
<第32室 Salle d'Effiat>
このベッドは17世紀初頭に建てられたエフィア城(オーヴェルニュのピュイ・ド・ドーム山の近く)の、エフィア侯爵の寝室のために作られたものです。この城館はオリジナルのファーニシングのままに保たれており、1856年のオークションでパリのクリュニー中世美術館が、次に紹介する6 脚のフォトゥイユとともに手に入れたものです。布地はすべて絹のジェノアベルベット(繻子地に柄を織り込んだベルベット)を使い、パイナップル柄の金糸の刺繍をしています。この時代のベッドや布張り椅子の製作は、タピスリーが中心でしたから、このベッドも次のルーズカバーのフォトゥイユもタピスリー細工師が挽物細工師などを使って製作したものと考えられています。画像拡大
Lit a baldaquin, noyer, France, vers 1650, H=1.68m L=0.986m W=0.623m (CL2550)

40

ルーズカバーのフォトゥイユ(肘掛け椅子)と
絵扉のあるキャビネ(飾り箪笥)17世紀中葉
<第32室 Salle d'Effiat>
飾り箪笥の左右に見える2 脚のフォトゥイユは、エフィア侯爵の寝室にあったものです。ルイ13世時代の椅子は、まだ彫刻によるものはまれで、このようなスピンドル(挽物)による部材を組んでいました。スペインやフランドルの影響でこのような形態の肘掛け椅子が生まれ、フォトゥイユという名称も使われるようになりました。このフォトゥイユのルーズカバーにはベッドと同じものが使われ、現在まで良好な姿で保存されています。
飾り箪笥も同時代のものですが、これはアウグスブルグ(バイエルン)のキャビネットメーカー、メルシオル・バウムガルトナーの製作で、プロヴァンス連合オレンジ公ウイリアム5 世がコレクションしたものです。革命戦争で生まれた「中央美術館」の最初の収蔵品となりました。
Fauteuilles: noyer, France, vers 1660, H=1.17m L-0.64m W=0.51m (CL2551-2556)
Cabinet: bati de sapin et chene, Augsbourg, milieu du XVIIe siecle, H=1.68m L=0.986m W=0.623m (MR404, OA6630)

*プロヴァンス連合オレンジ公ウイリアム5 世…大革命時代、反革命貴族の連合をオレンジ公が1806年まで維持し、パリ政府に抵抗した。

41

絵飾りのある扉の内側と内部扉(部分)資料複写
このキャビネは、内扉のある中央部分内部は8 つの小さな棚に仕切られ、左右には4 つずつ、上下に2つ、都合10個の引出しがあります。2 枚の大扉の内側と内部正面は象牙の薄板で仕上げられ、3 枚の板絵による海の風景画とピエトル・デュール (pietre dure)と呼ばれる大理石モザイク技法による14枚の鳥の絵が付けられています。また、コラム部には大きな瑪瑙のタブレットが4 つ嵌め込まれています。
(FURNITURE COLLECTION IN THE LOUVRE, Editions Faton, Dijon, 1993, p.49)

42

絵飾りのある左扉の内側(部分)資料複写
「ピエトル・デュール」は、16世紀の末頃イタリアのフィレンツェで作り始められ、17世紀にはヨーロッパ装飾細工の世界を魅了した、色鮮やかな大理石の薄板によるマルケトリーです。ルイ14世はフェルディナンド・ミリオリーニ(--1683)とフィリッポ・ブランキ(--1699)の二人の名工をイタリアより招いて技術導入を計り、ゴブラン工場のモザイク工房でさまざまな名品を作らせています。
(FURNITURE COLLECTION IN THE LOUVRE, Editions Faton,Dijon, 1993, p.51) (OA7371)


43

黒檀レリーフのキャビネ 1645年頃
<第32室 Salle d'Effiat>
左右のフォトゥイユは先に見たエフィア侯爵の寝室にあった6 脚の一部です。中央のキャビネは1645年頃パリで製作されたオークとポプラ材の本体に黒檀レリーフを張り付けたキャビネです。2 枚の扉には「勇者ホラティウスのローマ防衛」が、左右のニッチにはマルスとミネルヴァの立像が彫られています。下には2 つの引出しがあり、前板は戦闘場面を描いています。製作は当時のフォーブル・サンジェルマンで家具製作の中心的位置にいたアドリアーン・ガルブランとピエール・ゴールによるものと推定されています。
Cabinet, bati de chene et de peuplier; base en bois fruitier noirci; placage d'ebene, Paris, vers 1645, H=1.845m L=1.585m W=0.565m (MRR62, OA6629)

44

扉を開いた黒檀レリーフのキャビネ(部分)資料複写
2 枚の扉を開けると、左右に2 列6 個、上に2 個、都合26個の引出しがあり、内側は象牙張りになっています。中央の小さな扉を開けると、中には象牙や鼈甲を珊瑚色に染めたピラスター(付柱)のあるミニチュアのグロッタ(洞窟)が納めてあります。柱頭のブロンズ細工やフリーズの微細な模様に技巧の冴えを見ることができます。
(FURNITURE COLLECTION IN THE LOUVRE, Editions Faton, Dijon, 1993, p.58)

*グロッタ grotta伊…ルネッサンス期に発掘された古代ローマ遺跡で、動物・人間・花・植物などが混合した奇抜な壁面天井装飾の洞窟を見出だし、16世紀のイタリアやフランスなどでその模倣が流行した。この流行がグロテスクという美術概念を生み出すことになった。

45

アンヌ・ドートリッシュのコッフル 1660年頃
<第33室 Salle Mazarin>
この黄金のコッフルは、ウォールナット製の本体を青色の絹地で包み、花・葉・薔薇のモチーフの唐草模様の透かし彫りを、切削細工の金レリーフで覆ったものです。上蓋はゆるやかに湾曲しており、左右に金線編みの取っ手、四隅にはフェルトの上履きを踏付けた鉤爪足を持っています。宰相マザランがルイ13世の妃アンヌ・ドートリッシュに贈ったとされ、ルイ14世の所有を経てルイ15世のコレクションに伝わったとの記録が残されています。画像拡大
Coffre dit d'Anne d'Autriche, Paris, vers 1660


*マザラン Jures Mazarin (1602-61)…イタリア生まれ。ルイ13世とその妃アンヌ・ドートリッシュにひきたてられ、フランス王国の実権を握った。彼の死によってルイ14世の親政が始まる。

46

ブールのキャビネ 1700年頃
<第47室 Salle de mobilier>
このキャビネは17世紀前半からの黒檀(エボニー)家具の集大成とでもいうべきもので、正面は鼈甲の地に真鍮とピューターの象眼、両脇はピューターの地に真鍮と鼈甲の象眼がされています。正面中央には小さな扉があり、百合の紋章(ブルボン王朝の表象)のついたローマ皇帝風の衣装でヘラクレスを演ずるルイ14世のレリーフが飾られています。鼈甲、真鍮、ピューターを使う象眼細工は「ブールマルケトリー」と呼ばれ、このキャビネを初めコモードやテーブルなどにも傑作が残されています。
Cabinet, bati de chene et sapin, noyer, placage d'ebene, Paris, vers 1700,Andre-Charles Boulle(1642-1732), H=1.870m L=0.99m W=0.51m (OA5468)

*ピューター etain仏, pewter英 …錫と鉛の合金でくすんだ灰色の金属。銀の代用品として、装飾細工、食器などに使われる。

47

引出しを開けたブ−ルのキャビネ 資料複写
中央の扉を開くと中に4 段の引出し、左右両側にも各4 段、都合12個の引出しがあります。引出し前板も鼈甲に真鍮象眼です。シャルル・ブールは、17世紀の後半から18世紀初頭、ルイ14世親政時代に活躍した代表的エベニストで、重厚な作品群を多数残しています。このスタイルの家具連作が19世紀になってサンクルー宮殿のアポロンのギャルリーで発見され、ルイ・フィリップ王などに使われましたが、1870年にオリジナルの形に修復されて、ルーヴルに入りました。
(FURNITURE COLLECTION IN THE LOUVRE, Editions Faton, Dijon, 1993, p.62)

48

ブールのアルモアール(衣装箪笥) 1710年頃
<第47室 Salle de mobilier>
この箪笥の本体はオークと樅の木で作られ、化粧は黒檀張りです。マルケトリーは真鍮地に鼈甲、それに青く染色した角(つの)材の象眼です。このような象眼を「コントルパルティ」と呼びますが、当初は鼈甲地に真鍮の通常の「パルティ」で計画していたものを、より強い装飾性を求めて「コントルパルティ」に変更したようです。そのため2 つの扉は真鍮色の地となり、ブロンズレリーフのトロフィーやキューピッド、合わせ定木部のマスクなどが目立たなくなっていますが、極めて精巧な細工です。画像拡大
Armoire, bati de chene et sapin, placage d'ebene, Paris, vers 1710, Andre-Charles Boulle, H=2.627m L=1.367m W=0.548m (OA5441)

49

アスパシアとソクラテスを飾ったアルモアール 1710年頃
<第47室 Salle de mobilier>
これも、ブールによって同時期に作られたアルモアールで、パルティマルケトリーによるものです。2 つの扉の左には、ソクラテスの、右にはアスパシア(ぺリクレスに愛された古代アテネの才女)のレリーフが、あたかも会話を交わしているような情景で飾られています。アスパシア側の扉上部には「アート」を、ソクラテス側には「科学」を象徴するトロフィーのレリーフがあります。2 本で1 組になったこのアルモアールは、オーモン公爵の所有になるものでしたが、1814年にイギリスのコレクターに取得された後、たびたび所有者が変わり1953年にベンデルン伯爵の寄贈によりルーヴルに入りました。保存状態は極めて良好です。
Armoire, bati de chene, placage d'ebene, Paris, vers 1710, Andre-Charles Boulle, H=2.867m L=1.525m W=0.59m (OA9518)

50

サテュロスマスクのあるコモード 1710年頃
<第51室 Salle Andre-Charles Boulle>
これも同時期のパルティマルケトリーのコモードです。正面中央にはサテュロス(ギリシャ神話バッカスの従神)マスクのブロンズレリーフがあり円形に縁取られています。その両側はブロンズ取手のついた大引出しで、前板は鼈甲地に真鍮の象眼で飾り、脚部にはブロンズ細工のアカンサスの葉飾りが付けられ、甲板はマーブルです。これと同じ形態のコントルパルティのコモードも、同時に作られています。
Commode, bati de chene, placage d'ebene, marbre, Paris, vers 1710, Andre-Charles Boulle, H=0.86m L=1.485m W=0.63m (OA5477)

51

ビュロー(書き物机) 1710年頃
<第50室 Salle Scipion>
これも同時期のコントルパルティによるブールの机です。各辺中央と隅部には、8 つのブロンズマスクがつけられ、前面中央の引出しは斜めに下がり、両側には大きな渦巻きのブロンズ装飾を控えています。左右にも引出しを備え、甲板は革張りです。4 つのカブリオレの脚部には渦巻きのアカンサス装飾があります。このビュローも同じ形でパルティマルケトリーのものが作られています。ブール象眼は鼈甲と真鍮の薄板を重ねて切り抜きますので、ネガとポジの細工ができるのでしょう。このコントルパルティのビュローは海軍省の大臣室に、パルティのビュローは国立文書館に納められていました。
Bureau plat, bati de chene, placage d'ebene, Paris 1710, Andre-Charles Boulle, H=0.80m L=2.03m W=1.055m (OA6166)

52

モロッコ革の女王風フォトゥイユ 1710〜20年頃
<第50室 Salle Scipion>
このフォトゥイユのフレームは、ウォールナットに金塗装したものです。背、座、肘掛けは、赤茶色のモロッコ革で、赤と白に染められた絹糸によるステッチ飾りを付けています。脚部のプランプ(ふくよかな)ラインは、ルイ14世末期からレジャンスへの流麗な変化の兆しを見せています。財務長官で著名な収集家でもあったピエール・クロザの、リシュリュー通りの屋敷にあったもので、彼の1740年の遺産調書によるとモロッコ革張りのものは、この12脚のフォトゥイユの他にカナペ(長椅子)、タブレ(女性用スツール)などがあったようです。すべて散逸していますが、カリフォルニア・マリブのポール・ゲッティ美術館にもその一部が収蔵されています。画像拡大
Feauteuille a la reine, noyer dore, couvert de maroquin rouge, Paris, 1710-1720, H=1.11m L=0.69m W=0.56m (OA11200)



ルーヴルと美術館 Louvre #01-12

10世紀-16世紀 Louvre #13-35

17世紀-18世紀前半 Louvre #36-52

18世紀後半 Louvre #53-83

19世紀 Louvre #84-100

補足・その他 Louvre misc #101-135

戻る「Musee du Louvre の装飾美術」

戻る装飾美術 Decorative Art

戻るSite Map


生活美学社 松本 茂 / 250-0045 神奈川県小田原市城山4-1-11
Shigeru Matsumoto, Architect / Societe Art de Vivre, Odawara Japan
smat2@nifty.com