Objets d'art du Louvre

戻る「Musee du Louvre の装飾美術」

はじめに

「Musee du Louvre の装飾美術」はインテリア学習者の教材用に1996年に作成したスライド集(パリで学ぶ建築と装飾美術の歴史 ルーヴル美術館編)によるものです。
1.本編はルーヴル美術館に収蔵されている Objet d'art部門の主要作品を収録した。
2.調査・撮影は1991年から94年、編集・解説記述は95年に行った。
3.収蔵品データは仏文表記しているが、原稿入力の都合でアクサンを付していない。
4.収蔵品番号は美術館管理番号(MR---あるいは OA----)をデータ末尾に表示した。
5.展示室名は室番号と室名をスライド標題末尾に表示した。
6.スライド #1〜#9はルーヴル美術館の紹介 #10〜#12は装飾美術史の概観解説とした。
7.固有名詞のカナ表記は現地音にならったが、慣例のあるものはそれに従った。

13

象牙製のコフレ(手筥)10世紀後半
<第1 室 Salle Charlemagne>
装飾美術部門では中世・ルネッサンス期の収蔵品の展示が一新されました。ルイ14世時代から収集されてきた財宝類はルーヴルコレクションの中でも最古のものです。このコフレは象牙と骨のレリーフ装飾によって、プッティ(子供像)や怪物・ケンタウロスなどローマ神話の情景を表したパネルをロゼット(バラ模様のリボン)でくくっています。10世紀後半にコンスタンチノープルで作られた貴重なビザンチンの象牙工芸品です。
Coffre a decor de rosettes, plaques a decor de putti, monstres, animaux, scenes mythologiques ayant pour heros des centaures, os et ivoire, Constantinople, seconde moitie du Xe siecle

14

シャルルマーニュのルリケール(遺骨匣)
1165〜70年頃<第2 室 Salle Suger>
赤髭王フレデリック(フリードリッヒ)1 世が1165年のシャルルマーニュ(カール)大帝の列聖を記念して、大帝の腕の遺骨を納めるために作らせたと伝えられるルリケール(遺骨匣)です。側面には銀のレリーフで赤髭王の一族とその栄光を示す聖母、キリスト、天使などが彫られています。仕上げには鍍金の他に七宝(エマイユ)の技法が使われていますが、これはライン地方で発展した技術によるもので、ビザンチン文化の影響から生み出された神聖ローマ帝国初期、ムーズ河畔のリエージュ(ベルギー)で作られた優れた作品の一つです。 画像拡大
Reliquaire du bras de Charlmagne, Liege, vers 1165-70

15

鷲形の壺(通称スジェールの鷲)1147年以前
<第2 室 Salle Suger>
メロビング朝以来、歴代フランス国王の墓が置かれていサンドニの修道院長スジェールは、1136年に聖堂建設に着手し、フランスゴシック様式の偉大な貢献者と位置付けられています。この鷲形の壺は、修道院の収蔵物から発見した古代(エジプトあるいはローマ帝国)の斑岩製壺を、彼の発案で銀と鍍金によって鷲形の祭式用具に仕立てたものです。当時のサンドニ修道院には聖堂建設のために選りすぐった工人たちが集まっていましたが、この壺の細工だけは外部の細工師を選んだといわれています。左側に見える水差しは7 世紀ビザンチンの紅縞瑪瑙の壺に銀と鍍金で細工したもの、右側のアリエノールの壺は 6-7世紀ころのイスラム圏の水晶の壺を細工したもので、鷲形の壺と同時期の作です。画像拡大
Aigle de Suger, Ancien tresor de Saint-Denis, Egipte ou Rome imperiale et Saint-Denis, avant 1147, H=0.431m W=0.27m (MR422): Aiguiere de saradoine, Bizance et Saint-Denis: Vase d'Alienor, Iran(?) et Saint-Denis

16

アルペ作のシボアール(聖体器)1200年以前
<第2 室 Salle Suger>
南仏アルルに近いモンマジュールの修道院長ベルトラン・ド・マルサンの墓所で発見されたもので、蓋の裏に細工匠 G.アルペ、リモージュで製作と記されています。銅地に細かい彫刻を施し、鍍金と七宝で仕上げ、宝石も嵌め込んであります。リムーザン地方は鉱物資源にも恵まれ、12世紀初めから七宝細工(エマイユ)の産地として知られるようになりました。エマイユにはエマイユ・クロワゾネ(有線七宝)とエマイユ・シャンルベ(彫金七宝)の技法があり、リムーザンではこの聖体器のようなエマイユ・シャンルベが中心でした。この作品はリムーザンのロマネスクエマイユの代表的秀作といえるでしょう。画像拡大
Ciboire de Maitre Alpais, email champleves, Limoges, avant 1200, H=0.30m W=0.168m (MRR98)

17

聖ポタンタンのシャース(聖遺物匣)1220〜40年頃
<第2 室 Salle Suger>
ライン河沿岸のシュタインフェルド修道院に残されていたもので、ライン・ムーズ川地方の12〜13世紀の大型聖遺物匣としては代表的なものです。側面のレリーフやメダイヨンの彫刻は、この地方の金属細工に共通するもので、ロマネスクのアーチに囲われた聖人像の表現、建築的な力強い構成、深いレリーフと繊細な表面細工が特徴です。
1220〜40年頃の休戦地帯(Treves)に育っていた工匠グループの作と考えられています。
Chasse de saint Potentin, region de Treves, 1220-40

18

盾を持つ天使のいるコッフル(長櫃)15世紀
<第9 室 Salle Millefleurs>
ウォールナット製のコッフルです。コッフルは箪笥の原形ともいうべきもので、15世紀に入ると華麗な木彫装飾を施されるようになります。このコッフルの正面は左右3 枚ずつのフランボワイヤン(火炎形)ゴシック様式の窓形、葡萄の房と葉のゲーブルがあり、中央には盾を持ち軍装した天使が描かれています。盾は4 つに区画され、第1 と第4の区画には3 人の法官、第2 区画には船尾、第3 区画には鶴が彫られていますが、これらが何を表しているのかは分かっていません。天使の姿がこの時代のブルゴーニュ地方の様式に類似していることから、この帰属を推定しています。
Coffre, noyer, France(Bourgogne?),XVe siecle, H=0.78m L=1.75m W=0.59m (OA9965)
*フランボワイヤンゴシック Gothique flamboyant……初期のレイヨナンゴシックは放射状の簡明な形態を指し、後期15世紀の火炎を思わせる波型曲線のトレーサリーを「フランボワイヤン」という。パリではサントシャペル上階礼拝堂の西薔薇窓が美しい。

19

動物潭パネルのあるコッフル 15世紀末
<第10室 Salle Larcade>
これもウォールナット製のコッフルです。正面4枚のパネルは太い縦框で仕切られていますが、ここには彫刻された付柱形があったようです。パネルには葡萄の房、茂った枝、四つ脚の動物と人物像、翼を持った悪魔などが描かれていますが、このような神話的動物潭のモチーフは、当時のフランドルやゲルマニアの金属細工、あるいはフランスの彩飾写本挿画からとられたと考えられています。内部には小さく仕切るための溝跡があり、宝石などの貴重品を納めるようにもなっています。
Coffre, noyer, France ou Frandre, fin du XVe ,H=0.7m L=1.51m W=0.63m (OA7371)

*彩飾写本挿画 illuminations des manuscrit…細密画、飾り頭文字、飾り縁取りなどで華麗に手書きされた写本で中世の美術を知る上で貴重な美術品。

20

ピナクルのあるドレッソアール(戸棚)15世紀末
<第10室 Salle Larcade>
コッフルはすべて上蓋を開いて、貴重品や高価な布などを納めるようになっていましたが、ドレッソワールはお茶の用意などのための家具で、前扉が開閉します。そのために戸棚と一体の架台により高い位置に持ち上げられました。このオーク製の戸棚は隅が斜めになって迫り出し、中央と隅部には天使が支える3 本のピナクル(小塔)が付けられています。2 枚の開き扉と引出しの前板には葡萄とアザミの葉、巣に籠っている鳥、地を這うナメクジなどが彫られています。ドレッソワールの形態は当時のヨーロッパ各地に見られるものですが、ここに見られるようなバランスのとれた木彫装飾はフランスの特徴です。やはり写本挿画や金属装飾品などからモチーフを選んだことによるものと考えられています。
Dressoir, chene, France ou Flandre,fin du XVe , H=1.62m L=1.18m W=0.51m (OA6972)

21

マルケトリー(寄木細工装飾)のあるコッフル 15世紀
<第12室 Salle Riccio>
15世紀北イタリアのウォルナット製のコッフルです。両端のしっかりした柱で支えられ、ロンバルディア帯のある支え板で高く持ち上げられています。正面には正方形の5 枚のパネルが配され、その幾何的な紋様の装飾には、幾つかの主題を組み合わせ、変形させるといった巧みな手法が使われています。このコッフルがある「リッチオの間」はイタリアルネッサンス期の工芸美術の展開に当てられています。イル・リッチオ(Andrea Briosco)は、ドナテッロの弟子で、技巧的なブロンズ彫像やレリーフを残しました。
Coffre, noyer, marqueterie, italiene, XVe siecle

22

幾何紋様のマルケトリーの部分 15世紀
<第12室 Salle Riccio>
このような寄木細工をマルケトリーといい、家具装飾の中心的技法の一つに発展していきますが、このコッフルは、その初期の素朴な技法の中にも、洗練された装飾表現を示した貴重なものです。なお、コッフルはイタリアではカッソーネと呼ばれ、ルネッサンス期にさまざまな秀作を残しています。

23

絵画的マルケトリーのある聖歌隊席の背板 16世紀前半
<第12室 Salle Riccio>
このマルケトリーは聖堂に設けられた聖歌隊ベンチの両サイドに付けられていたものです。ヴェローナの近くヴァッカの画家フラ・ヴィチェンツォの風景画をもとに制作されたものと考えられています。ロマネスク風のアーチ越しに見える遠近法による風景、その中央に大きく描かれた雄鶏は、聖歌隊を象徴するものでしょう。このような寄木による絵画的な表現法は、木彫師の技法とはかなり異なるもので、マルケトゥールという職域を作り出します。
Dossier de stalle; paysage, Fra Vincenzo dalla Vaccha de Verona, marqueterie, Italie du Nord, 1er moitie du XVIe siecle


24

プシケ物語を描いたコフレ(手筥)16世紀後半
<第20室 Gallerie des Scipion>
リモージュのエマイユ装飾は技術的な発展と共に、宗教的典礼具から生活用具にその範囲を広げていましたが、装飾モチーフにも異教的な物語さえ登場するようになります。
このコフレもギリシャ神話のプシケ物語を楕円フレームの中に描き、それをケンタウロスが支えているという構図になっています。隅の柱形の彫り溝やフリーズにも、古典的な形態を選んでいます。
Coffret histoire de Psyche, Limoge, 2e moitie du XVIe siecle

25

5 枚扉のドレッソワール 16世紀初め
<第16室 Salle Francois Ier>
ルネッサンス芸術家のフランス流入で、伝統的なゴシック様式も少しずつその影響を受けるようになります。このオーク製のドレッソワールも、5 枚の扉と両サイドを浅い浮き彫りのグロテスク模様(アラベスクや植物模様、幻想的模様など)で埋め、メダイヨンで縁取られた婦人胸像をひかえめに飾っています。犬の柱頭の飾り柱などにはアルカイックなものを残していますが、メダイヨンの採用などに北イタリアルネッサンスの影響が感じられます。画像拡大
Dressoire, chene, France, debut du XVIe siecle,
H=1.42m L=1.16m W=0.48m (OA6973)

26

背の高い椅子 16世紀初め
<第16室 Salle Francois Ier>
2m 近い高さの背を持つこの椅子は、ウォールナット製のたいへん重いものでベッドのそばに置いて使われたもののようです。背や前板などとても簡素な形態で、2 本の飾り柱だけがグロテスク模様の柱身と柱頭で飾られ、フリーズも肘掛けも単純なリネンフォルドです。背には革の盾をシンボルにしたメダイヨンが付けられています。盾の部分はオリジナルには着色されていたようです。ボックスシートの座は鉄製のヒンジで持ち上げられ、ベッドリネンなどが収納できます。なお、この椅子は有名なピエール・ルーヴォアのコレクションから1828年にルーヴルが取得したものです
Chaire, noyer, France,debut du XVIe siecle,H=1.92m L=0.75m W=0.44m (MRR71)

*リネンフォルド linenfold…リネン・ナプキンを折ったり巻いたりした時にできる単純なひだの彫り模様をいう。ゴシック期のパネル装飾などに見られる。
*プッティ putti(伊語・単数 putto)…幼児の意味で、本来はキューピッドから発したものだが、異教的な主題あるいはその他の場合でも幼児の裸身像は古典時代より装飾に多用されてきた。ルネッサンス以後のフランス装飾美術のモチーフにもたびたび見ることができる。

27

4 つのアーケードのあるコッフル 16世紀初め
<第16室 Salle Francois Ier>
このコッフルは、正面に4 つのアーケードを置き、2 組の夫婦の横顔胸像を飾っています。木彫胸像にはこの時代のアルプスの先、北イタリアのルネッサンス様式に対する熱狂的なあこがれが感じられますが、装飾モチーフや構成には今だ15世紀のフランスやフランドルの技法を残しています。新しい刺激を吸収して、新様式に移行する過渡期の特徴が見られます。
Coffre orne de quatre arcades, chene, France, debut de XVIe siecle

28

胸当紋章のあるコッフル 16世紀前半
<第16室 Salle Francois Ier>
このコッフルは正面全体を大きな1 枚のパネルとし革の胸当武具と箙を紋章化した果実冠を捧げる2 人のバッカート(バッカス神の巫女)を中央に置き、グロテスク模様とプッティで構成しています。このようなモチーフの選択に、当時の貴族と家具師たちのイタリア志向を見ることができますし、それぞれに独創的な技巧を競い合うなかから、新様式を生み出していく状況が感じられます。
Coffre, noyer, France, 1er moitie de XVIe siecle

29

タピスリー「マクシミリアンの狩り・第6番・8 月」
1531〜33年頃
<第19室 Galerie des Chasses de Maximilien>
フランドル地方(ベルギー)は、16世紀にタピスリーの最大産地に成長し、優れた品物を送り出しています。この「マクシミリアンの狩り」シリーズは、3 月から2 月まで(当時は第1 の月が3 月)すべて狩猟光景の12枚で構成されています。原画は指導的役割を担っていた画家ベルナール・ヴァン・オルレー、制作はブリュッセルのヤン・ジーテール工房で、「8 月」は9 ・10月とともに鹿狩りをテーマとしています。「12月」の場面に神聖ローマ皇帝マクシミリアン1 世(フランソワ1 世の競敵)が登場することからこの呼称がついています。所有者がマザランからルイ14世に渡りルーヴルに収蔵されたため、極めて保存状態の良い貴重な16世紀タピスリーです。
Tenture des Chasses de Maximilien: Le mois d'aout, Bruxelles, entre 1531 et 1533, H=4.48M
L=5.58m (OA7319)

30

タピスリー「スキピオの歴史・第4番・カタルーニア平原の戦闘」1689〜90年<第20室 Galerie de Scipion>
このタピスリーは、16世紀にブリュッセルで作られたフランソワ1 世所有の秀作を原画に、17世紀のパリ王立ゴブラン工場で再構成し制作したものです。スキピオは紀元前 202年にカルタゴのハンニバルに勝利して、第2 次ポエニ戦争を終結させたローマの英雄です。「第4 番・カタルーニア平原の戦闘」は紀元前 208年にバクエラでカルタゴのハスドルバル・バエカを駆逐した戦闘の場面を描いたものです。フランソワ1 世のオリジナルは現存しません。このシリーズの制作で美術総監ルーヴォアは、王立ゴブラン工場の技術的確立に成功します。
Tenture de l'Histoire de Scipion: La Bataille sur le plateau, 4e piece de la tenture, Manufacture des Gobelins, 1689-90, H=4.5m L=5.48m (OA5391)

31

アンリ2 世とカトリーヌ・ド・メディシスの標章による玄関扉
1557年頃<第21室 Salle Leonard Limosin>
この2 枚の玄関扉は、1557年に造られたクレールモン・フェラン城館のためのものですが、城館は現存しません。分厚いウォールナットに深彫りの長方形と楕円のメダイヨンを連鎖させ、グロテスク模様、マスク、幻想像を嵌め込んでいます。アンリとカトリーヌのHとCのイニシアル、それと二人の横顔も彫られています。画像拡大
Paire de portes aux chiffresd'Henri IIe et de Catherine de Medicis,noyer, France, vers 1557

32

「正義」を表したステンドグラス 16世紀末または17世紀初め
<第21室 Salle Leonard Limosin>
エマイユ細工は12世紀からリムーザンで大きく発達しましたが、ガラス細工による伝統的な装飾技法も、フォンテーヌブロー派のルネッサンス様式の影響により、新しい展開を見せます。この「正義」も装飾構成は旧習のグロテスクモチーフによっていますが、人体や衣装の表現には古典的な手法を見事に消化しています。
Vitrail, La Justice, France, fin du XVIe siecle ou debut du XVIIe siecle

33

トスカーナのカッソーネ(コッフル・長櫃)16世紀中葉
<第25室 Salle Adolphe de Rothschild>
イタリアルネッサンスを始動させたトスカーナで作られたウォールナット製のカッソーネです。フランスや北イタリアで作られていた建築的構成のものと異なり、極めて彫刻的な形態のものが多く見られます。装飾モチーフも古典的テーマを十分に消化し、バランス・プロポーション共に洗練された完成度に達しています。この地のカッソーネは婚儀用箪笥として、新婦の衣装やリネン類を納めて、華やかに嫁入りする風習によって使われていたようです。
Coffre(Cassone), noyer, Toscane, milieu du XVIe siecle

34

ディアナを描いたカクトアール 16世紀後半
<第29室 Salle Arconati Visconti>
カクトアールという言葉は、1570年の文献に初めて登場しますが、caqueter(おしゃべりする)から生まれたものと考えられています。
前が広がった台形の座、脚先の繋ぎ、肘掛けなどが特徴です。このカクトアールは肘掛けが緩やかに湾曲し、肘掛け先を小羊の頭で飾るという凝ったものです。背部にはニッチの中に矢と弓を持った狩りの女神ディアナを彫っていて、この作風にはフォンテーヌブロー派の影響が感じられます。また、背部のフリーズにはロゼットのマルケトリーもありますが、この技法がフランスに広がるのは16世紀の末からですから、このカクトアールの先進技法は注目されます。
Caquetoire, noyer, France, 2e moitie du XVIe siecle, H=1.12m L=0.57m W=0.49m (OA3120)

*フォンテーヌブロー派 ecole de Fontainebleau…フランソア1 世は芸術興隆によって王権の威光を高めようと考え、フォンテーヌブロー城にイタリアの芸術家を招き、積極的な制作活動を進めさせた。フィオレンティーノやプリマティッチオなどを中心に一派を構成し、フランス美術に大きな影響を残した。

35

カリアティッドのあるアルモアール(箪笥)16世紀後半
<第29室 Salle Arconati Visconti>
この時代、アルモアールは上下2 つに分けて作るのが一般的でした。この華麗なアルモアールも本体は2 段に分かれています。製作過程で正面扉の大型化から一体化させたもののようです。ウォールナットを主材にオーク材も使われ、彫刻部分は金泥で仕上げられています。中央カリアティッド(女人像)の柱頭から柱脚までを左右扉の合せ定木とし、右に大きく開きます。右扉上部にはキューピッドを伴うビーナスが球体の上に立つ姿が彫られ、下部にはカインのアベル殺しの場面が描かれています。左扉には上部にヘラクレスが棍棒を振り上げた彫像、下部にアダムの誕生の絵があります。異教神話のモチーフで構成された装飾に聖書物語がはめ込まれるというルネッサンスならでは大作です。大胆なカリアティッドの使用から、この時代の著名な建築家ユーグ・サンバン(Hugues-Sambin)の関与があったとも考えられています。画像拡大
Armoire, noyer et chene, parti. dore et peints, France, vers 1580,H=2.06m L=1.5m W=0.6m (OA6968)

*カリアティッド cariatide…ギリシャ建築の用語で、長衣を着た女性像の柱。エンタブラチュアを支える円柱の役目をする。ルネッサンス以後のヨーロッパ装飾美術では重要なモチーフを成す。

ルーヴルと美術館 Louvre #01-12

10世紀-16世紀 Louvre #13-35

17世紀-18世紀前半 Louvre #36-52

18世紀後半 Louvre #53-83

19世紀 Louvre #84-100

補足・その他 Louvre misc #101-135

戻る「Musee du Louvre の装飾美術」

戻る装飾美術 Decorative Art

戻るSite Map


生活美学社 松本 茂 / 250-0045 神奈川県小田原市城山4-1-11
Shigeru Matsumoto, Architect / Societe Art de Vivre, Odawara Japan
smat2@nifty.com