Objets d'art du Louvre

戻る「Musee du Louvre の装飾美術」

はじめに

「Musee du Louvre の装飾美術」はインテリア学習者の教材用に1996年に作成したスライド集(パリで学ぶ建築と装飾美術の歴史 ルーヴル美術館編)によるものです。
1.本編はルーヴル美術館に収蔵されている Objet d'art部門の主要作品を収録した。
2.調査・撮影は1991年から94年、編集・解説記述は95年に行った。
3.収蔵品データは仏文表記しているが、原稿入力の都合でアクサンを付していない。
4.収蔵品番号は美術館管理番号(MR---あるいは OA----)をデータ末尾に表示した。
5.展示室名は室番号と室名をスライド標題末尾に表示した。
6.スライド #1〜#9はルーヴル美術館の紹介 #10〜#12は装飾美術史の概観解説。
7.固有名詞のカナ表記は現地音にならったが、慣例のあるものはそれに従った。

01

ルーヴル美術館シュリー館西ファサード−1660年頃 1989年改修
ルーヴル美術館は、その規模、収蔵品、施設はもちろん、その歴史的な背景も大変興味深いもので、建物や室内装飾自体が美術史の資料ともいえます。また、近年の大改修は国家的な大事業として進められ大きな注目を集めました。このスライドは7部門に分類されたコレクションの中から装飾美術部門に属する家具装飾類を紹介するものですが、初めにルーヴル宮建造と美術館の歴史フランス装飾美術の歴史に簡単にふれておきます。

02

ルーヴル宮建造 800年の歴史図 1200〜1995年(作図複写)
パリは紀元前3 世紀頃のパリジー族定住以来、ローマ帝国の軍事的支配と文化の流入、ゲルマン・フランク族文化の浸透により、セーヌ川のシテ島を中心として重要な商業政治都市に成長してきました。1200年頃、カペー朝のフィリップ・オーギュストは、パリを王権の本拠地にすべく、市域が拡大したセーヌ両岸に市壁を築き、川岸沿いにパリ防衛のための城砦を設けました。これがルーヴル宮の始まりです。その城砦のドンジョン(天守塔)の遺構は、1989年の大改修により、シュリー館地下の「中世のルーヴル」で見ることができます。
その後、シャルル5 世による改修、フランソア1世の宮殿造営の着手を経て、アンリ2 世、カトリーヌ・ド・メディシス、アンリ4 世、ルイ13世、ルイ14世の時代それぞれの統治者の意思のままに放置と建設を繰り返しつつ、徐々に現在の姿に近づきます。大革命、ナポレオン帝政、王政復古などの政治変動を経て、ナポレオン3 世のパリ大改造の中心事業として、やっと「完成」にこぎつけますが、16世紀にカトリーヌ・ド・メディシスにより建造され、歴代の王が使用してきたチュイルリー宮殿は、1871年普仏戦争の敗北、パリコミューンの崩壊に際して焼失しました。これによって、広場西側が開放され、現在の景観をつくりあげることとなりました。画像拡大


03

写本挿画に見る14世紀シャルル5世のルーヴル城 1440年以前(印刷物複写−部分)
1370年頃、シャルル5 世が築いたセーヌ右岸の拡大市壁は、ルーヴル城砦を市内に取り込むこととなり、古い城砦は居城に大改修されました。この城館は現存しませんが、「ベリー公のいとも華麗なる時祷書」10月の挿画によって、そのゴシック風な姿を見ることができます。この写本挿画は1440〜50年頃にランブール兄弟によって描かれたものとされていますが、セーヌ川左岸のネール館から眺めた、完成したばかりの城館が詳細に描かれています。シャルル5 世の市壁遺構は、1993年の改修により、カルーゼル広場の地下2 階に保存展示されています。
("Tres riches heures du duc de Berry", forio 10 verso', Abrams, NY 1988)

04

フランソア1 世のルーヴル宮殿
レスコーのファサード
1546-55年頃1546年、フランソア1 世は古めかしいルーヴル城の改築を決定し、ピエール・レスコー(1515〜78)に命じてルネッサンス風の宮殿造営に着手します。これが現在の方形宮・西棟の南半分で、ルーヴル宮の最も古い部分にあたります。方形宮はその後、ルイ13世の時代に、レスコーの西棟の北端に時計のパヴィヨンを置きその先に同じ様式で増築を開始し、ルイ14世の時代に現在の姿を完成させています。

05

ルーヴル美術館の地上階平面図
(GRAND LOUVRE, Le Moniteur 版 1994, p.198,199)
ルーヴル宮殿は、フィリップ・オーギュストの時代から考えると 800年近い歴史を持っていますが、フランス統治の中心施設としての役割を担ったのは極めて断続的、短期間でしかありません。ルイ14世が最終的にヴェルサイユに去った1678年から、この宮殿は王のコレクションの一部を公開するなどもしていました。大革命によって王室や貴族・僧侶の美術品が国有化され、各地の宮殿、城館、寺院などから貴重なコレクションが集められ、ルーヴル宮は収蔵品で膨れあがりました。
1793年8 月10日にはついに共和国政府により南翼のグランドギャルリー(現在のドゥノン翼)を使って「中央美術館」が正式に開館されました。
ナポレオン1 世は、数々の戦勝によって各地の貴重な美術品・考古物をフランスに集め、ルーヴル宮のコレクションは次第に大規模化して行きます。1802年のエジプト遠征に同行したヴィヴァン・ドゥノンが美術館長に任命され、その後の政治的な変動の中でも収蔵品は増大を続け、絵画、素描、古代ギリシャ・ローマ、古代エジプト、古代オリエント、彫刻、装飾美術の7 部門を有する一大美術博物センターとなりました。画像拡大

06

リシュリュー館とガラスのピラミッド
1857年・1989年・1995年
1981年9 月、時の大統領ミッテランは「ルーヴル大改造計画」を決定し、設計競技の結果、中国系米国人建築家I.M.ペイに設計を委託します。I.M.ペイは、カルーゼル広場、ナポレオン広場、方形広場などの考古学的発掘にあわせて、地下2階におよぶ巨大空間によるサービス部分の強化を計画しました。第1 期工事では、ナポレオン広場にガラスピラミッドで覆われた、入場者のための大ホールを1989年7月14日に完成させています。第2 期工事では大蔵省が退去した北翼の改造とカルーゼル広場地下の施設を1993年8 月10日に完成させました。これによって、ルーヴルは美術館の枠を超えて、膨大な観光客を積極的に楽しませる巨大施設に変貌したといえます。現在第3 期工事が継続しています。

07

大改造後の美術館 B2,B1階案内図
(GRAND LOUVRE,Le Moniteur版 1994, p.192)
地下施設等の完成で、ルーヴル美術館の様相は一変しました。地下2 階には、入場者の導入部(ピンク色の部分)とサービス施設・店舗(水色の部分)、それにシャルル5 世時代の市壁遺構の展示(西奥ホール)などが整備されています。
地下1 階では、ピラミッド形スカイライトに覆われた中央ホールから東のシュリー翼(方形宮・クールカレ)、南のドゥノン翼、北のリシュリュー翼の3 つの主要展示館に入場者を誘導します。シュリー翼にはフィリップ・オーギュストが築いた天守塔の基底部を見ることができる「中世のルーヴル」があります。ドゥノン翼にはギリシャ・ローマなどの古代遺物の展示室、リシュリュー翼には元の中庭をアトリウムとした古代オリエント、彫刻の展示室があります。翼西端部ローズ色の部分は、各階とも別組織の「装飾美術館」に使われています。画像拡大


08

大改造後の美術館 G,1,2階案内図
(GRAND LOUVRE,Le Moniteur版 1994,p.192,193)
地上階(日米呼称では1 階)のシュリー翼には古代エジプト、オリエント、ギリシャ・ローマ、ドゥノン翼には古代ギリシャ・ローマ、彫刻、リシュリュー翼には古代オリエント、彫刻の展示室などがあります。
地上1 階(日米呼称では2 階)が主階で、シュリー翼には古代エジプトギリシャ・ローマ、装飾美術(紫色部分)、ドゥノン翼ではアポロンギャルリーに宝飾美術品(紫色部分)、グランドギャルリーに絵画(朱色部分)が展示されています。リシュリュー翼は見事に改装されてすべて装飾美術品の展示(紫色部分)に当てられています。地上2 階(日米呼称では3 階)のシュリー翼とリシュリュー翼はすべて絵画(一部素描)の展示で、新設されたリシュリュー翼中央ギャルリーの「ルーベンスの部屋」が話題となっています。画像拡大


09

装飾美術部門・地上1 階展示室案内図
装飾美術部門は、全面改修されたリシュリュー翼の地上1階のすべてと、従来から使われていたシュリー翼(方形宮)の北側の部分が当てられています。リシュリュー翼、中央ギャルリー第1 室から第11室までが「中世」、第12室から第32室までが「ルネッサンス時代」、シュリー翼,第33室から第61室までが「17・18世紀」、第62室から第65室までが「王政復古期」(第66室はドゥノン翼のアポロンギャルリー)、リシュリュー翼西側、第67室から第73室までが「第1帝政時代」、第74室から第81室までが「ナポレオン3 世の居室群」、第82室から第84室は「ティエールコレクション」、第85室から第88室は「資料室」とおおまかに分類展示されています。
(各室の名称等は別添一覧表を参照してください。)

10

フランス装飾美術史概観
中世・ルネッサンス(Moyen age, Renaissance) 作表複写
フランク族によるメロヴィング朝3 世紀を経て、カロリング朝シャルルマーニュの時代(768〜814)になると、それまでの蛮族的風習を脱し、装飾工芸にも優れたものを生み出します。ムーズとラインの渓谷地域では象牙・貴石・金・七宝などによるロマネスク様式の祭式用細工品などが作られます。パリ北部のサンドニ修道院ではスジェールよる装飾美術が興隆しゴシックと呼ばれる新様式が誕生します。ヴァロア朝シャルル8世、ルイ12世、特にフランソア1 世によるイタリア侵攻はルネッサンスの新風をフランスにもたらし、装飾工芸分野にも大きな刺激を与えます。メディチ家出身のアンリ2 世妃のカトリーヌ、アンリ4 世妃マリーのイタリア風宮廷生活も、ルネッサンス文化の定着を促しました。画像拡大

11

フランス装飾美術史概観−17・18世紀
(Louis XIII,XIV,Regence,XV,XVI) 作表複写
王母マリーの摂政を排除したルイ13世は王権の強化に力を注ぎ、この時代の装飾分野では木工でもロクロ引きなどの実用的な形態が見られます。
ルイ14世の親政(1662)以後は、コルベールなどの力もあり「太陽王」といわれるまでの王権強化に成功しました。装飾分野でも精緻な金属細工と木彫などによる力強い「バロック」的表現が好まれました。
オルレアン公によるレジャンス(摂政)時代は宮廷生活の奢侈が広がり、>装飾分野では優美な嗜好が強まりました。
ルイ15世の親政となってもこの傾向は長く続き、「ロカイユ」と呼ばれるような柔らかで曲線的・技巧的な装飾(ロココ)が発展し、パリの装飾工人たちの技は最高の水準を誇るまでになりました。
ルイ16世の時代(1774--1792)もこの傾向は続きますが、啓蒙主義的な時代背景から古典美学による直線的な装飾が好まれました。画像拡大

12

フランス装飾美術史概観
19世紀(Directoire/Consulat, Empire, Restauration,
Louis Philippe, Napoleon III) 作表複写
大革命(1789--)によるギルドの崩壊は、装飾工芸の衰退を招きますが、ディレクトアール(総裁政府)コンスラー(執政政府)の時代も古典志向の装飾が続き、皇帝ナポレオン1世(1804--1815)のローマ帝国好みは、は、アンピールスタイルを完成させます。前世紀後半から始まっていた古代文明の発掘、特にナポレオンのエジプト遠征(1798)にともなう考古遺物の収集は、装飾工芸に大きな刺激を与え古代嗜好を強めました。レストラシオン(王政復古)時代になると、古典趣味によるより簡明な装飾傾向と実用性志向を示します。ナポレオン3 世による第2 帝政時代には、再び「ネオバロック」と呼ばれる華麗な装飾が復活し、様式はエクレクティク(折衷的)な傾向を示しつつも、実用性、利便性も重視されるようになります。画像拡大



ルーヴルと美術館 Louvre #01-12

10世紀-16世紀 Louvre #13-35

17世紀-18世紀前半 Louvre #36-52

18世紀後半 Louvre #53-83

19世紀 Louvre #84-100

補足・その他 Louvre misc #101-135

戻る「Musee du Louvre の装飾美術」

戻る装飾美術 Decorative Art

戻るSite Map


生活美学社 松本 茂 / 250-0045 神奈川県小田原市城山4-1-11
Shigeru Matsumoto, Architect / Societe Art de Vivre, Odawara Japan
smat2@nifty.com