(お願い - レイアウトが乱れた際には「更新」「再読み込み」で修復してください。)

カルナヴァレ博物館
Musee Carnavalet

戻る装飾美術 Decorative Art

はじめに

「カルナヴァレ博物館 Musee Carnavalet」はインテリア学習者の教材用に1993年に作成したスライド集(パリで学ぶ建築と装飾美術の歴史 インテリア編)を再編集したものです。
1.本編はカルナヴァレ博物館に収蔵されている 主要作品を収録した。
2.調査・撮影は1983年から91年、編集・解説記述は93年に行った。
3.収蔵品データは仏文表記しているが、原稿入力の都合でアクサンを付していない。
4.固有名詞のカナ表記は現地音にならったが、慣例のあるものはそれに従った。




01

カルナヴァレ館
(Hotel Carnavalet)
カルナヴァレ、つまりカーニヴァルの館と通称されているこの旧い邸館は、マレ地区の中心に建っています。最も旧い部分は、1560年にニコラ・デュピによってルネッサンス様式により完成していますが、1660年にフランソワ・マンサールが増改築して、現在の姿になっています。

 


02

中庭のファサード
(Facade de Cour d'Honeur)
この館は16世紀、高等法院長官ジャック・デ・リヌリーの邸として建てられましたが、17世紀のフランソワ・マンサール(アルドゥアン・マンサールの義父)の改造で中庭のファサードなどが整えられました。尖頭屋根に櫛型のドーマー、窓間壁の大きな彫像など、特徴的な外観を見せています。


03

ルイ14世の立像
(Statue de Louis XIV)
中庭中央に立つこのルイ14世像は、アントワーヌ・コワズヴォーの作です。彼はルブランやアルドゥアン・マンサールたちとベルサイユで大きな仕事をしていますが、戦争の間の石膏レリーフなどの作品で、バロック的な躍動感のある表現を成功させています。


 

04

カルナヴァレ博物館・古代円柱キャピタル
(Capitale de Colonne Antiquite)
この館と隣接のプルチエ・ド・サン・ファルジョー館はパリ市の歴史博物館として、その誕生から現代までの「パリとパリ市民の生活」の歩みを展示する素晴らしい施設になっています。この遺物は、ローマ植民都市ルテシアとして誕生したパリ、紀元前1世紀から4世紀、ガリア・ローマ時代の発掘品です。


05

カルナヴァレ博物館の案内図 (1)
(Plan de la Musee, 1)
展示区分はつぎの通りです。パリ誕生から中世末期(1-4)・16世紀からアンリ 4世(5-10)・ルイ13世からルイ14世とレジャンス(11-23)・旧体制下のパリ自治(24-26)・ルイ15世の1760年以前(27-29)・ルドゥーのボアスリー(30-31)・ルイ15世時代のパリ市民の住まいと暮らし(32-47)・ルイ15世末期と16世時代のパリ市民の住まいと暮らし(48-64)


06

カルナヴァレ博物館の案内図 (2)
(Plan de la Musee, 2)
革命以後の展示は隣接のプルチエ・ド・サン・ファルジョー館に続きます。フランス革命(101-125)・19世紀前半ディレクトワール(執政)から第2共和政(115-125)・第2帝政から現代まで(126-147)以上の 147室に歴史資料や様々な生活道具・美術品が展示してあり、興味深く見ることができます。


 

07

牛飼いのサロン・小テーブル
(Table, Salon de Bouvier, #33)
ルイ14世後期からルイ15世前期時代の家具が展示してあります。この小テーブルは長方形角礫大理石の天板にナラ材の脚部で構成されています。4本脚の人体像と獣足の躍動的な彫刻、交差した細い足繋ぎの表情には完成度の高いバロック装飾を見ることができます。


08

牛飼いのサロン・コモード
(Commode, Salon de Bouvier, #33)
ルイ15世初期様式のコモードです。白に茶色の班紋のある大理石の天板、マホガニーの全面寄木張り、金ブロンズの飾り金物などに、ルイ14世のバロックスタイルでは見られなった優美な形態と華麗で新鮮な技法があります。シャルル・ミニョンの1740年頃の作です。


09

牛飼いのサロン・フォートゥイユ
(Fauteuil, Salon de Bouvier, #33)
これも同時代1750年頃の肘掛け椅子・フォートゥイユです。木彫部にはコキーユのモチーフなどが使われるようになり、全面が金で塗装されています。張り地は、大きな花籠柄のボーヴェイタピスリーが使われています。ルイ15世全盛期の完成したロココスタイルの装飾です。


10

ルイ15世の青のサロン
(Salon bleu du Louis XV, #37)
白と金の色彩的な対比、古典的なモールディングの線と動きの激しい花・葉・蔓の線の形態的な対比、それに付加した柔らかな白い彫像と多色の壁画など、たいへん多様な技法が使われています。ボフランは師のアルドゥアンほどメジャーな仕事は手掛けていませんが、18世紀前半を代表する建築家です。


11

ルイ15世の青のサロン・デュシェーズブリゼ
(Duchesse-brisee,Salon bleu,#37)
ルイ15世時代から、このデュシェーズブリゼと呼ばれる寝椅子が流行しました。脚を伸ばして休息できる、座の深いシェーズロングと違い、二つのベルジェールを向かい合わせたような寝椅子です。1760年頃のシルバン・ブランシャールの作です。右手に側面を見せているのは、アドリアン・デロルムのフラップデスクです。


12

ルイ15世の青のサロン・ベルジェール
(Belgere, Salon bleu, #37)
同じく、クルミ材を使ったベルジェールです。両耳が張り出したウイングチェアスタイルになっています。張り地は先程のデュシェーズブリゼと同じく、花籠柄の絹の紋織りサテンです。1760年頃の作。



13

ルイ15世の青のサロン・フォートゥイユ
(Fauteuil, Salon bleu, #37)
かなり手の込んだ木彫を施したフォートゥイユで、木部は金で塗装してあります。1750年頃の作と思われます。





14

ルイ15世の青のサロン・フォートゥイユ
(Fauteuil, Salon bleu, #37)
クルミ材のフォートゥイユです。木彫のディテールは簡素になっていますが、流れるようなリブラインはとても優雅なものです。張り地にはシノワズリー柄を採用しています。1760年頃の作でしょう。



15

ルイ15世のサフラン色のサロン
(Salon safran du Louis XV, #44)
黄色の地に白のボアスリーはルイ15世初期1735年頃のもので、ゲ・ルサック通りにあったステュアール・ドービニ館から移築復元されています。丸みを帯びた長方形ボアスリーの上部には、ギターとクラリネットを組み合わせた図柄が彫られています。


16

ルイ15世のサフラン色のサロン・コモード (Commode, Salon safran, #44)
この黄色のサロンのコモードは、黒の漆で仕上げられて、鮮やかな対比を見せています。ロカイユ形の繊細な金ブロンズ飾り金物、2段引き出しの前板と両側板に施したシノワズリーの金蒔絵という、装飾性の高い家具になっています。1740年頃のジャック・デュボアの作です。


17

ルイ15世のサフラン色のサロン・カナペ
(Canape, Salon safran, #44)
背を籐張りにしたカナペです。木部も籐も白く塗装されています。長い座と小さな肘掛けが布張りです。1760年頃の作。





18

ルドゥーのユゼス館のサロン
(Hotel d'Uzes par Claud-Nicolas Ledoux, #31))
クロード・ニコラ・ルドゥーは18世紀後半に独特の新古典作風で活躍した建築家ですが、これは1767年彼が31才の時の室内装飾です。金のボアスリーは、彼のデザインによってジョセフ・メチヴィエとジャン・バプチスト・ボアストンが仕上げたものです。いろいろな楽器を樹の姿にまとめた珍しいものです。モンマルトル通りにあったユゼス館を移築したもの。


19

カフェ・ド・パリ
(Cafe de Paris, #141)
オペラ通りにある有名なカフェの支配人室の家具調度品を移設再現したものです。1899年にアンリ・ソヴァージュがデザインしたもので、アールヌーボースタイルの逸品です。クルミ材から削り出した曲線は、それまでの装飾語彙にはなかった新鮮なスタイルを生み出しました。


20

宝石店フーケ・ファサード
(Bijoutier Fouquet, #143)
ロワイヤル通りにあった高級宝石店フーケのショップフロントを移築したものです。この店のデザインは、すべてアルフォンス・ミュッシャが1898年に行っています。1890年以降に大流行したアールヌーボーは、現在でもいろいろなところで目にしますが、この移築再現はミュッシャの貴重な室内装飾を見せてくれます。

21

宝石店フーケ・店内
(Bijoutier Fouquet, #142)
ガラスとブロンズの孔雀像、白大理石とブロンズ像のフォンテーヌ・泉水盤、ナラ材とブロンズで仕上げた流麗なボアスリーなどに、ミュッシャ独自のアールヌーボースタイルを感じます。中央の半ドーム型ショーケースや、レセプションデスクも新鮮な形態です。


22

宝石店フーケ・天井
(Bijoutier Fouquet, #142)
天井のモールディングは、奔放な曲線の中に優雅さを感じさせます。天井中央には愛らしいランプも見えます。コーニスにつけられたブロンズの飾りが効果的です。








マレ地区 Le Marais………パリの3区と4区の右岸の一帯、ポンピドゥーセンターからバスチーユ広場あたりまでをマレ(沼地の意)地区と呼んでいます。14世紀後半、シャルル5世の時代に新しい城壁とバスチーユ城砦が完成し、この地域は市内に取り込まれ、しだいに貴族たちの邸館も造られるようになります。17世紀初頭には、バスチーユ広場の西北にロワイヤル広場(革命後ヴォージュ広場に改名)が完成して、さまざまな遊興の場が生まれると、急速にパリ随一の高級邸宅地になりました。しかし、その後ルイ15世・16世の時代になると、対岸のサンルイ島やパリ西地区のフォーブルサントノーレなどに人気が移り、寂れ始めます。1789年 7月14日のバスチーユ監獄の襲撃とその取り壊しは、この地区に致命的な打撃を与え、多くの邸館が放置されたままになってしまいます。それでも、ナポレオン3世時代の都市改造にも生き延びた旧い建物は、ていねいに修復されて貴重な歴史地区を誕生させています。紹介したスービーズ館(1709)、カルナヴァレ館(1560)を初め、シュリー館(1629)、ラモワニョン館(1585現在パリ市歴史図書館)、ドノン館(1598現在コニャック・ジェ美術館)、ゲネゴー館(1651現在狩猟自然博物館)、ロアン館(1708)、リベラル・ブリュアン館(1685 現在ブリカール錠前博物館)、サレ館(1666 現在ピカソ美術館)、ボーヴェー館(1655)、サンス館(1516現在フォルネ装飾美術図書館)など、歴史的な邸館が多数集中しています。ヴォージュ広場(1605)の古典的な空間とアーケードやフランブルジョア通りの旧い景観は、都心部の19世紀パリとはかなり異なった印象を与えます。時間を割いてぜひ訪問したい貴重な歴史地区です。


戻る装飾美術 Decorative Art

戻るSite Map


生活美学社 松本 茂 / 250-0045 神奈川県小田原市城山4-1-11
Shigeru Matsumoto, Architect / Societe Art de Vivre, Odawara Japan
smat2@nifty.com